甘いもの好きはご注意。花粉症とおやつの意外な関係とは #ポジティブ栄養学

写真拡大

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。
今回は、花粉症と甘いおやつの関係について。
甘いものの摂りすぎと花粉症の深い関係
春の声が聞こえはじめると、頭を悩ませるのが花粉。関東は少なめの予報が出ているようですが、西日本、なかでも京阪神地方は4年ぶりの大量飛散とも予想されているようです。マスクや薬が手放せない人も多いでしょう。そこで、ちょっと気にしてほしい食べ物があります。それはチョコレートやクッキーなどの甘いもの。これらに含まれる糖質と花粉症には、深い関係があると考えられています。
花粉に触れることで起こる、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの反応。これらを抑えるためにがんばっているのが、腎臓の上にある臓器、副腎皮質から出ている、コルチゾールというホルモンです。
コルチゾールは、アレルギー症状を抑えるほかにも多彩な仕事をしています。そのひとつが、血糖値のバランスを整えることです。血糖値はふだん、一定に保たれていますが、甘いものをたくさん食べると、血糖値はグンと急上昇。上がった状態を正常に戻すために、さまざまなホルモンが使われます。コルチゾールもそのひとつです。こうした状態が続くと、おかしの食べ過ぎで上がった血糖値のために、コルチゾールがムダ使いされてしまうという悲しい事態に......。
おやつを食べるなら、くるみをチョイス
そこでおやつが食べたいなら、ナッツ類を取り入れるのも手。なかでもくるみをチョイスすれば、炎症をおさえるオメガ3も豊富です。食べたいストレスを抱えすぎてしまうのも、コルチゾールのムダ使いにつながってしまいます。どうしても甘いものが食べたいなら、糖質オフスイーツも発売されているので、上手く活用するのもいいかもしれません。
食事のときはタンパク質をしっかりとるようにすると、皮膚や粘膜のバリア機能アップに役立ちます。とくに肉や卵には鉄も多く、粘膜強化に貢献。つらい時期も栄養の力を借りて、できるだけスムーズに過ごしたいものです。
>>「ポジティブ栄養学」をもっと読む
image via Shutterstock