11年ぶりの戴冠を狙う浦和は、終盤戦に厳しい相手が待ち構える。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大

 Jリーグは1月25日、Jリーグ2017シーズンの全日程を発表した。すでに開幕戦カードは発表されていたが、すべてのカードが明らかになった。

【PHOTOギャラリー】浦和×沖縄SV 元浦和・高原の勇姿も
 
 2月25日に開幕するJ1リーグは2014年以来、3シーズンぶりの1シーズン制となる。やはり優勝、残留が掛かった終盤戦は大きな見どころとなるが、なかでもここ数シーズン優勝争いに絡みながらもリーグタイトルを逃し続けてきた浦和レッズの終盤5試合のカードは興味深い。

 5試合のうち、ACL出場3チーム(30節・G大阪、32節・鹿島戦、33節・川崎戦)のほか、直近5シーズンで3度優勝の広島と31節で当たり、最終節は16年もリーグ最終戦を戦い引き分けに終わった横浜と対戦する。仮に今季も優勝争いに絡めば、やはりシーズン終盤戦に胸突き八丁の山場が訪れる。J1最終節は12月2日(土)に開催される。
 
 昨季から名称が変更されたリーグカップのYBCルヴァンカップは、A組8チーム、B組7チームに分かれてのグループリーグが3月15日に開幕。ACLプレーオフに出場するG大阪がACL本戦に勝ち進めば、A組も7チームでの争いとなる。決勝の日程は調整中となっている。
 
 また2月26日(日)に開幕するJ2は11月19日(日)に最終節が開催され、3位〜6位チームで行なわれるプレーオフは11月26日(日)に準決勝、12月3日(日)に決勝が開催される。
 
 3月11日(土)に開幕するJ3は、12月3日(日)に最終節が行なわれる。2017年からJ2・J3入れ替え戦は行なわず、J2の21位・22位とJ3の1位・2位が自動入れ替えとなる(※J3の2位以内にU-23チームが入った場合は3位チームが繰り上げ昇格となる)。