アンドリューの隣の席に座るのは?
 - Dave J Hogan / Getty Images

写真拡大

 第74回ゴールデン・グローブ賞授賞式で『デッドプール』のライアン・レイノルズと熱烈キスをして話題を呼んだアンドリュー・ガーフィールドが、第89回アカデミー賞主演男優賞に初ノミネートされたことを受けて、同賞授賞式でもキスをする可能性について E! News に語った。 

 前回のキスのお相手レイノルズはノミネーションを逃したものの、アンドリューはアカデミー賞の授賞式でもキスをするのかについて「誰が僕の隣に座るか次第かな。賢い人なら、僕のことを僕が惹かれている人の隣に座らせるだろうね」と笑いながらコメント。

 また、すでに誰を授賞式に連れていくか心に決めているというアンドリューは、「父親を連れていこうと思っている。父は一緒に分かち合いたいと思っているはず。父にとっても一大事だし、父こそが僕を映画好きにしてくれた人だから」と語っていた。

 アンドリューが主演した『ハクソー・リッジ(原題)』は、第二次世界大戦時下で武器を持たない兵士として、アメリカ史上初となる名誉勲章を受けた兵士デズモンド・ドスさんの実話をメル・ギブソンが映画化。メルも監督賞にノミネートされており、プライベートで人種差別発言やDVなど問題が絶えなかっただけに、汚名返上となるかが注目されている。(編集部・石神恵美子)