仏パリとその周辺地域ではこのほど、3日連続で大気中に浮遊する微粒子の濃度が規定値を超えた。

写真拡大

仏パリとその周辺地域ではこのほど、3日連続で大気中に浮遊する微粒子の濃度が規定値を超えたことを受け、現地当局は23日に再度、自動車の臨時交通規制措置を実施し、道路の交通機関による大気汚染抑制を発表した。新華網が伝えた。

【その他の写真】

従来実施していた車のナンバーの末尾の数字の奇数または偶数による交通規制とは異なり、今回パリでは、車両の汚染物質廃棄レベルに基づく交通規制を実施。汚染物廃棄の程度が最も高い車両が道路の走行を禁止された。(提供/人民網日本語版・編集/TK)