アーロン・ポール

写真拡大

エミー賞など総なめにした大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』のスピンオフ、『ベター・コール・ソウル』に、主役の一人であるジェシーを演じたアーロン・ポールが出演の可能性をほのめかした。

同作は、『ブレイキング・バッド』に登場していたズル賢い弁護士ソウル・グッドマンことジミー・マッギル(ボブ・オデンカーク)が、弁護士として働き始めた頃を描いたシリーズで、先日同サイトでも、ジャンカルロ・エスポジート演じる悪役ガスがシーズン3で登場することをお伝えしたばかりだ。24日(火)にアーロンが出演したトーク番組『エレンの部屋』で、司会者のエレン・デジェネレス(『ファインディング・ドーリー』)から『ベター・コール・ソウル』へ出演する可能性を聞かれ、「そう願いたいよ! もしかしてもう撮影済みかもしれないね。"僕たち"は...いや、"彼ら"は新シーズンの最終話を撮り終えたばかりなんだよ」と発言したことを米TV Lineらが報じている。

ただ、20代だったジェシーが、ソウルの過去の話である『ベター・コール・ソウル』に出演するには年齢設定が若すぎることになるので、フラッシュフォワードなどのシチュエーションでない限り難しいのでは、と推測されている。インタビューの最後でエレンは「じゃあ、今ここで番組(『ベター・コール・ソウル』)の宣伝はしないで、視聴者に驚いてほしいのね。わかった。でも、いつかまた戻ってきて、宣伝したほうがいいよ」とアーロンにアドバイスしている。

『ベター・コール・ソウル』には、今までにも、トゥコ・サラマンカ役のレイモンド・クルツ、ヘクター・"ティオ"・サラマンカ役のマーク・マーゴリスなど、本家の人気キャラクターが次々とゲスト出演している。『ベター・コール・ソウル』シーズン3は米AMCにて4月10日から放送スタート。(海外ドラマNAVI)