雰囲気や流れで、一夜限りの関係……。

ワンナイトラブな恋をすることも大人の恋愛にはあることですよね。

ワンナイトラブの是非は、本人の気持ち次第ですので、そこはよしとしますが、ワンナイトラブを楽しむためには少しばかり意識的な大人のルールを知っておく必要があります。

今回は、ワンナイトラブを楽しんでいる方、今から楽しむ方、双方のために、ワンナイトラブを楽しむための大人のルールをご紹介いたします。

 

■まずは相手を見極める

ワンナイトラブを楽しむためには、まず相手選びが重要です。

ワンナイトラブに至るきっかけは、「盛り上がったから」、「何となく良さそうだったから」、「流れで」など、様々でしょうが、ワンナイトラブだから誰でもいいという考えでは、後々痛い目を見ることになってしまいます。

例えば見た目が真面目そうな男でも、ゴム付けを拒む男かもしれませんし、彼氏面して付きまとうストーカーになる男かもしれません。

また、大都会ならばその男と二度と会うこともないでしょうが、地方はそうもいきません。自分の友達や知人と繋がっている男の可能性もありますので、たかが一夜の関係で周囲にペラペラ喋る男では被害が甚大です。

ワンナイトラブを楽しむためには、まずは何よりも人選を重視した方が身のためですよ。

 

■相手の詮索はしない

ワンナイトラブのつもりで関係を持った男と、その後恋愛関係になることはあります。

ただ、お互いがワンナイトラブを楽しむ体で関係を持っているにも関わらず、あれこれとプライベートを詮索するのはご法度です。

それこそ彼女面している風に感じ、男も興醒めしてしまいます。ある程度の詮索は許容範囲内でしょうが、しつこく詮索されるとガチで面倒くさい女と思われてしまいますよ。

ワンナイトラブを楽しむからには、詮索は程々に。

 

■そんな女じゃない!…と思ってもワンナイトラブを大いに楽しむ

ワンナイトラブをする人の中には、そればかりする人もいるでしょうが、全くその経験がない人もいますよね。どちらにせよ、ワンナイトラブに至った時、一番やってはいけないことが、ワンナイトラブに臆し、躊躇し、自分を否定することです。

ワンナイトラブの経験がない女性にとっては、その流れの中に自分がいることが許せないと思う女性もいるかもしれません。ですが、その気持ちは心の奥に隠し、今その時を大いに楽しむ気持ちがとても大切です。

自分が楽しまなくては、ワンナイトラブを楽しむためのルールもあったものじゃありません。

ワンナイトラブな関係が苦手な人にとっては、寂しい関係かもしれませんが、恋愛関係に至ることもありますし、結果、ワンナイトで終わることもあるのです。

もし、ワンナイトラブに至った時は、自分を否定せずに、その一夜を思う存分楽しむ気持ちを忘れずにいましょう。

 

ワンナイトラブを楽しむためには、意識的な暗黙の大人のルールがあった方が、お互いにとってより良好な一夜限りの関係を楽しめますよ。ワンナイトラブを楽しみたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

【画像】

※ Hrecheniuk Oleksii/shutterstock

【関連記事】

※ ヤっちゃった…「ワンナイトラブ」を狙っているキケンな男の特徴

※ やっちまった!身近なカレとのワンナイトラブ…上手な対処法4つ

※ あちゃ〜…!いつも「ヤリ捨てされる女」の痛すぎる特徴4つ

※ ギョッ…まさか職場に!? 実録・本当にあった「恋の修羅場」3つ

※ 似た者同士でもアブナイ?「すぐに別れる」カップルの特徴