『ハクソー・リッジ(原題)』 ©Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

写真拡大

映画『ハクソー・リッジ(原題)』が今夏に公開される。

【もっと画像を見る(3枚)】

第二次世界大戦時下の沖縄の激戦地である「ハクソー・リッジ」を舞台にした同作。自身の信念から武器を持たずに戦地に赴き、衛生兵として一晩に75人の日米の負傷兵を救った実在の人物デズモンド・ドスの姿を描く。ドスはアメリカ史上初めて武器を持たない兵士として名誉勲章を受章した。

ドス役を演じるのは『アメイジング・スパイダーマン』シリーズや、マーティン・スコセッシ監督の最新作『沈黙-サイレンス-』で主役を務めたアンドリュー・ガーフィールド。上官役にサム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン、同僚役にルーク・ブレイシー、妻役にテリーサ・パーマー、父役にヒューゴ・ウィーヴィングがキャスティングされている。メガホンを取ったのは『ハクソー・リッジ(原題)』が約10年ぶりの監督作となるメル・ギブソン。

なお同作は2月26日に発表される『第89回アカデミー賞』で作品賞、主演男優賞、監督賞、編集賞、録音賞、音響編集賞の6部門にノミネートされている。