写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ティーピーリンクジャパンは25日、IEEE802.11acに対応した無線LAN子機として、「Archer T1U」と「Archer T2U」を発表した。1月28日から発売する。価格(税込)は「Archer T1U」が1,490円、「Archer T2U」が1,680円。

○Archer T1U

「Archer T1U」は、PCのUSBポートに接続する無線LAN子機。5GHz帯のIEEE802.11ac/a/nに対応し、最大通信速度は433Mbps(理論値)。「SoftAPモード」に切り替えることで、有線LAN接続のデスクトップPCやノートPCをWi-Fiホットスポットにできる。

本体サイズはW18.6×D15×H7.1mm。対応OSはWindows XP / 7 / 8 / 8.1 / 10、Mac OS X 10.7〜10.11、Linux。

○Archer T2U

「Archer T2U」は、デュアルバンド接続に対応するモデル。5GHz帯のIEEE802.11ac/a/nと、2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに対応する。最大通信速度(理論値)は、IEEE802.11ac時で433Mbps、2.4GHz帯のIEEE802.11n時で150Mbps。

本体サイズはW41×D19.5×H8.7mm。対応OSはWindows XP / 7 / 8 / 8.1 / 10、Mac OS X 10.7〜10.11、Linux。

(リアクション)