「立吉餃子」の新メニュー「いちご大福餃子」(520円)

写真拡大

餃子とワインのマリアージュ”がコンセプトの餃子専門店「立吉餃子」は、イチゴスイーツの代表格「いちご大福」を餃子で再現した新感覚デザート餃子「いちご大福餃子」(520円)を販売する。

【写真を見る】「立吉餃子」自慢の“進化系餃子”メニュー「トムヤムクンスープ餃子」(730円)

同店では、定番スタイルの餃子メニューの他、サラダ餃子やトムヤムクンスープ餃子、あんみつ餃子など“進化系餃子”を提案。そんな「立吉餃子」自慢の“進化系餃子”メニューに、「デザート餃子をもっと増やしてほしい」というユーザーのリクエストがあったことから、今回「いちご大福餃子」が開発された。

直径10.5cmの大判の皮は、米粉を練り込み水分を多めに加えたオリジナル生地。モチモチプリプリの食感が特徴だ。そして、茹でることでさらに“もっちり““ふっくら”とするこの皮の特徴を生かし、あら不思議!まるで「いちご大福」のような食感に。バレンタインの食事や女子会にもピッタリのメニューになった。

中には、国産小豆を使った餡子に旬のイチゴをプラス。仕上げにマンゴソースとベリーソースをトッピングし、デザート感あふれるスイーツ餃子に仕上げた。

同店では同時発売の「いちごスパークリングワイン」と一緒に楽しむことをおススメ!餃子屋にいることを忘れてしまいそうだ。【ウォーカープラス編集部/Raira】