【詳細】他の写真はこちら

スマホを入れることを想定して作った“6つ目のポケット”



無印良品が発表した2017年春夏モデルのジーンズ。そこには新たに“スマホ用ポケット”が付いていました。



通常、ジーンズには後ろに2つ、前に2つ、そして右前ポケットの中に小さいポケット(腕時計が普及していなかった時代に懐中時計を入れていた名残りだとか)と、5つのポケットが付いています。今回発表された無印良品の2017春夏新デニムでは、右後ろポケットの上あたりに“6つ目のポケット”として、スマートフォンが入る新たなポケットが付いています。

同社が「体の動きが少ない腰位置に、スマートフォンも入るポケットをつけました」と案内しているとおり、高めの位置に付いているので椅子に座ったときにお尻で踏んだり圧迫して故障したりといった事故にはつながりにくそう。冬場はアウターのポケットにスマホを入れることも多いと思いますが、薄着になるこれからの季節は特に重宝しそうです。

iPhone 7 Plusも入るみたいです



「現代の生活環境に合わせてスマホや定期など、細かな雑貨の入るサイズ」を想定しているというこのポケット。具体的な機種名などの案内はありませんが、大きめのスマホでも入るのかが気になるところです。そこで実際に店頭で試着してみたところ、カバーをつけた状態の「iPhone 7 Plus」も入れられることが確認できました。座ると身体の側面のあたりにスマホがくるので、たしかにお尻で踏んづけてしまうこともなさそうです。

“無印”らしい細かい気配りも




左から、スリム、スキニー、テーパード。

紳士用デニムのシルエットは「スリム」「スキニー」「テーパード」の3デザイン。カラーはシルエットにより異なり「インディゴブルー」「ブルー」「ダークネイビー」「黒」「オフ白」など豊富。ウエスト73.5〜86cmまで対応のサイズ展開。婦人用の展開もあり、こちらにももちろんスマホ用ポケットが付いています。


広げなくてもどのパンツか判別できる表示は便利。

オーガニックコットン使用、品質表示や洗濯表示のプリント化、ストレッチ素材など、その他にもこだわりたっぷり。特に収納時(たたんだ状態)でも判別しやすい便利なシルエット表記は、実に無印良品らしい配慮です。

文/おいでゆうこ(And-Fabfactory)

関連サイト



2017 春夏 新デニム | 無印良品ネットストア

関連記事



おしりポケットにiPhoneも入る! ジーンズそっくりのiPadケース

無印良品の『ジョイントタップ』にロック機構が追加。従来品とは互換性なし

無印良品の“LED電球型Bluetoothスピーカー”は2つ買え! なぜなら……