銭形警部の決まり文句「ルパ〜ン!」で絶賛された鈴木亮平

写真拡大

 俳優の鈴木亮平が25日、都内で行われた日テレ×WOWOW×Hulu共同製作のドラマ「銭形警部」完成披露試写会・舞台あいさつに登壇し、銭形警部役のオファーを快諾したものの、あとになって「しまったぁ……」と後悔したことを打ち明けた。この日は、前田敦子、三浦貴大、栗田貫一も来場した。

 本作は、モンキー・パンチ原作の「ルパン三世」に登場する銭形警部を主人公にした実写ドラマ。鈴木演じる銭形警部が、さまざまな難事件を解決していくさまを描く。

 当初は「銭形警部が主人公の作品を単純にお客さんとして観てみたい」と思ったことからオファーを快諾した鈴木。ところが、クランクイン間近になると「あの銭形だよな? 俺がやるんだよな? どうやったらいいんだ……と怖くなった」そうで、「しまったぁ……」と頭を抱えたとか。

 一方、銭形警部の後輩で、警視庁捜査一課の刑事役で出演する前田と三浦は、鈴木の名前を聞いただけで安心したよう。前田が「刑事役は初めてだったんですけど、鈴木さんに乗っかるかたちでやらせていただきました」と語れば、三浦も「本作で初めて鈴木さんとお会いしたんですけど、僕も丸投げしてました」とぶっちゃけ、「俺が受けたときの責任感とのギャップがすごい」と鈴木がぼやく一幕も。

 しかし、鈴木と言えばロバート・デ・ニーロに引けを取らない徹底的な役作りをすることで有名で、本作も「鈴木アプローチ」で銭形警部に寄せていくことに成功。アニメの初代声優の故・納谷悟朗さんや、2代目声優の山寺宏一を研究して作り出した声はまさに銭形そのもので、会場で「ルパ〜ン!」などと披露すると満足げな観客の拍手が鳴り響き、栗田も「山寺宏一よりいいですよ」と絶賛した。

 実は、アニメ版ではルパン三世の声を務めている栗田が本作のナレーションを担当していることを昨日知ったという鈴木は、「現場ではルパンに無断でやっている感覚がぬぐえなくて後ろめたさがあったんですけど、本物のルパンにお墨付きをもらえた」と安堵の表情。そして、「(撮影)途中から銭形でいることが自然になってきた」とうれしそうに話すと、「ちょっと自信があります。この人をモデルにモンキー先生が銭形警部を描いたんじゃないかと思われるところを目指したつもりです」と自信に満ちた笑顔を見せた。(取材/錦怜那)

日テレ「金曜ロードSHOW! 銭形警部」は2月10日夜9時放送(日本テレビ系全国ネット※一部地域を除く)
WOWOW「連続ドラマW 銭形警部 漆黒の犯罪ファイル」は2月19日夜10時スタート(全4話、第1話無料放送)
Hulu「銭形警部 真紅の捜査ファイル」は2月10日配信スタート(全4話)