アンジェリーナがMon Guerlainの新フレグランスの広告でモデルに/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

もうすぐシングルマザーになるアンジェリーナ・ジョリーが、3月からゲランの新フレグランス「Mon Guerlain」の広告塔を務めることがわかった。

【写真を見る】昨年離婚を発表し、世間に衝撃を与えたブランジェリーナ/写真:SPLASH/アフロ

ゲランの広報が、PeopleStyleに明らかにしたもので、この広告で得たギャラの全額を、自身が関わっているチャリティ団体の1つに寄付するそうだ。

Usウィークリー誌によれば、ゲランからオファーがあったのは、アンジェリーナがカンボジアで監督作第4弾『First They Killed My Father(原題)』を撮影している時期だったとか。この香水は、アンジェリーナが幼いころに、今は亡き母親の化粧台にあった同ブランドのパウダーの香りを思い出にインスパイアされた、オリジナルな商品になるという。

ゲランがビッグネームのスターを広告塔に迎えるのは、2007年のヒラリー・スワンク以来。またアンジェリーナが化粧品ブランドの広告塔を務めるのは、2007年に日本限定の資生堂の広告を担当して以来のことだという。

ギャラの高い化粧品の広告塔を務めることは、「お金のため」と思われがちだが、チャリティに寄付するとなれば話は別。

ブラッド・ピットとの離婚劇ですっかり悪者になってしまったアンジェリーナにとって、この慈善行為は汚名挽回のチャンスとも言えそうだが「イメージ回復の苦肉の策」「寄付しても莫大な免税でお金が戻ってくるから、結局お金が必要ってことでしょ」「売名行為」「偽善」「買わない」といった厳しい声も寄せられている。【NY在住/JUNKO】