写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ファイルメーカーは、カスタム Appを作成することで直面しているビジネス課題を解決し、仕事に対する満足感を高めているシチズンデベロッパー(一般人開発者)の実態を調査した結果をまとめた「FileMakerカスタム App利用状況調査2017」を発表した。この報告書は、北米、日本、および欧州において、FileMakerユーザのシチズンデベロッパー数百名を対象とした調査に基づいている。

調査では、83%がより効率的に作業ができる環境を整えたかったと回答し、48%が職場での満足感の向上を実感していると答えた。シチズンデベロッパーは、自身が積極的な問題解決者であることが伺える。また、82%が非効率的なタスクの軽減を実感していて、46%のカスタム Appが4週間未満で稼動が始まっているという報告も。このことから、<カスタム Appは想像以上に短期間で開発でき、多様なビジネス課題を解決することができるということがわかる。

さらに、カスタム Appはあらゆる規模の企業で作成され、活用されていますことが明らかになった。内訳は、従業員1,000名以上の大企業が25%、従業員100〜999名の中企業が23%、従業員5〜99名の小企業が52%となっている。

報告書からは、シチズンデベロッパーがより優れた成果を引き出すためにカスタム Appをどのように使用しているかを伺い知ることができる。また、調査対象者は自身をITプロフェッショナルとは考えておらず、専任のカスタム App開発者ではないと回答しているとのことだ。本報告書はこちらからダウンロードできる。