『パッセンジャー』

写真拡大

映画『パッセンジャー』が、3月24日から全国で公開される。

【予告編を見る】

120年間を冬眠装置で過ごす5千人を乗せ、新たな居住地を目指す宇宙船が舞台となる同作。予定より90年早く目覚めてしまった2人の男女が、惹かれあいながら生き延びる術を探るというあらすじだ。

同時に目覚めた女性作家のオーロラと男性エンジニアのジムを、ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットがそれぞれ演じる。共演者にはマイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーンが名を連ねている。監督を務めたのは、アラン・チューリングの生涯を描いた映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のモルテン・ティルドゥム。

なお同作は2月26日に発表される『第89回アカデミー賞』で作曲賞、美術賞の2部門にノミネートされている。