トランプ新大統領の発言に戦々恐々! 日本自動車メーカーの行方はどうなる

写真拡大 (全8枚)

日本からの輸出の多いマツダ以外は問題なし

トランプ大統領が就任直後から自動車産業に注文を付け始めた。正確に表現するなら、就任前から、いわゆる「ツイッター砲」でプレッシャーを掛けている。果たして自動車産業は厳しい状況に追い込まれるだろうか? 結論から書くと、マツダを除き何の問題もないと考えていい。


そもそも日本の自動車メーカーは1980年代前半から激しい攻撃を受けてきた。なのに日本政府は何のバックアップもしてくれず。1980年代の貿易不均衡問題で、アメリカ政府と勝手に「輸出台数の自主規制をする」と決め、自動車メーカーに減産を強要した。やむを得ずアメリカに工場を作ることに。


その後も「ローカルコンテンツ法」という部品まで現地調達をしなければならない法規を作られ、今や部品を含めアメリカで生産している状況。日本から輸出しているのはごく一部になっている。さらにスバルの如くアメリカ工場の増産を決めているメーカーもあり、今やアメリカの企業だ。


マツダを除き、と書いたのは、マツダのみ日本からの輸出比率が飛び抜けて多く、しかもアメリカ工場を閉めてメキシコに工場を新設した。トランプ大統領の方針と全く逆を行っている。激しく叩かれるのは時間の問題と言っていいだろう。マツダのみ大きな負担を強いられると思う。

日本政府は現状アメ車の日本販売に厳しい環境を作っている

またトランプ大統領が「日本に自動車の輸入障壁がある」と言っているのは間違っていない。日本政府は「日本よりアメリカの方が環境基準が厳しい」と言ってるが、大嘘である。もし本当にアメリカの排気ガス規制の方が厳しいのなら、アメリカで生産されたクルマは日本でそのまま売れるハズ。


ところが日本の国交省はアメリカの基準をまったく信じていないため、日本でアメリカ車を売ろうとすれば改めて排気ガス検査をクリアしなければならない。また、スマートキーなどに使われている電波は超微弱のため、何ら影響を与えないにも関わらず「電波法違反」ということで認めない。
正規ディーラーがアメリカ車を日本で販売しようとすれば、1台あたり下を見て10万円も掛けて電波出す装置関係をすべて新たに開発しなければならないのだった。加えて撤退したフォードを見てもわかる通り、日本側でアメリカ車を販売しようというスタッフのレベルはあまりに低い。


輸入車だというプライドなのか高給を取る一方、日本で売る気のないような高い価格を付けた殿様商売。アメリカで200万円のクルマを日本で300万円で売ったって成功するワケない。観光旅行ついでにアメリカのディーラーで買ったクルマをフェリーのような船で日本に運びナンバー取れるとしよう。
そしたらフォードジャパンのようなユーザーを嘗めたような価格など付けられないだろう。GMもクライスラーも同じ。すべて法規に守られた完全なる非関税障壁である。アメリカ車をアメリカの価格で買えたなら、キャンピングカーやSUVなど魅力的なクルマは多数ある。私はカマロに乗りたい。


ちなみに日本の自動車メーカーは非関税障壁の廃止にまったく反対しないと思う。そんなことで負けないと考えているからだ。貿易は基本的に均等であるべき。たくさん買って貰っているアメリカから「是正してほしい」と言われたら実行するのみ。それでもアメリカ車が売れなければ仕方ないこと。