【REPORT】ファン必見!韓国ミュージカルスター豪華共演「マリー・アントワネット&マタハリ Special Concert」が日本で開催

写真拡大 (全4枚)

韓国発のオリジナルミュージカル「フランケンシュタイン」が日本で日本人キャストによって上演されて人気を集めるなど、韓国ミュージカルが注目されている昨今。2017年1月20日、東京都渋谷区にある文化総合センター大和田さくらホールにて「マリー・アントワネット&マタハリ Special Concert」が開催され、たくさんのミュージカルファンで賑わった。

オペラ界出身の歌姫キム・ソヒョン。ブロードウェイを拠点に活動中のキム・ソヒャン。劇団四季の舞台や帝劇「レ・ミゼラブル」のジャン・バルジャン役などで日本でも知られるキム・ジュンヒョン。韓国を代表するミュージカルスター3人が一堂に会するコンサートは実に貴重といえる。

当日のプログラムは3部構成で、1部はキム・ソヒョンが華麗にして繊細なヒロインを演じたミュージカル「マリー・アントワネット」の世界を「lullaby」など4つの名曲で再現。第2部ではキム・ソヒャンが妖艶なヒロインを歌い踊った「マタハリ」から「The Girl I Used To Be」などの4曲が歌われた。「マリー・アントワネット」では悪役オルレアン公を、「マタハリ」ではラドゥ大佐を演じたキム・ジュンヒョンは、トークコーナーで流暢な日本語を披露。悪役を演じる面白さなどを穏やかな口調で思慮深く語り、観客を沸かせた。

さらに第3部では人気ミュージカル「エリザベート」「オペラ座の怪人」「皇太子ルドルフ」からの珠玉のナンバーが熱唱された。アンコールは3人の合唱による「モーツァルト!」からの名曲「星から降る金」。圧倒的な3人の歌声に、観客は鳴り止まない拍手とスタンディングオベーションで感動を伝えた。

韓国のミュージカル界を牽引するEMKミュージカルカンパニーが制作した2作品を中心に、第一級のスターを招き、韓国ミュージカルの醍醐味を味わわせてくれた今回のコンサート。これからもこのような機会が増えることを期待したい。

■イベント情報
マリー・アントワネット&マタハリ Special Concert
日時:2017年1月20日(金) <夜公演> 開場 18:00/開演19:00
開場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール