ケチ男との結婚は苦労する? 結婚するときに必要な覚悟とは?

写真拡大

多くの女性は、お給料を全て趣味や遊びに使ってしまう全く貯蓄の無い男性よりも、きちんとお金の管理が出来る節約上手な男性のほうが好感を持てますよね。

度の過ぎる極端なケチは考え物ですが、金遣いの荒い男性より多少ケチな位の男性の方が結婚には向いているのです。
ケチな男性の特徴やその見分け方と、結婚後の注意点についてご紹介いたします。

●ケチな男の特徴&見分け方

ケチな男性の特徴やその見分け方について見ていきましょう。

●(1)食事はきっちり割り勘

『初めて食事をしたとき、「俺、女性でもおごらない主義なんだよね」と支払いの前に言われました。割り勘でもいいけど100円単位とかでいちいち気にされると萎える。ちなみに友達の彼氏は俺のプライドが許さないからと言っていつも全額払ってくれるそう……』(23歳/ネイリスト)

学生なら割り勘も珍しくありませんが、ケチな男性は例え社会人であってもきっちり割り勘をします。
結婚を前提に付き合う上で許せるのは、500円単位までではないでしょうか。
このくらいなら、「対等に扱われている」と逆に好感を持つ女性も少なくないはずです。

100円、1円単位 で割り勘をする男性は極度なケチなので気を付けましょう。
中には、女性の誕生日の食事でも割り勘をする男性やドライブのガソリン代まで割り勘にしたがるドケチ男性もいます。

●(2)クーポンや割引券を多用する

『はじめはケチだな〜と思ってたけど、長くいると「いつも得してる」って思えるようになった。無駄なお金払わなくてすんでるわけだし、節約家だねって感心感心』(27歳/飲食)

ケチな男性は2人で食事に行ったときでも、クーポンやポイントカードを使えるお店を選びます。
初デートでいきなり目の前でクーポンを使われたら、大抵の女性は「セコセコした男性だな」と思いますよね。

ですが、クーポン券やポイントカードを活用しているのは、良くいえば節約上手です 。
今日はどれくらい得をしたなど、一緒に楽しむこともできますね。

●(3)何でも安いものを選ぶ

『一緒に食事に行って、メニューを見るともう彼の頼みそうなもの予想できるようになった。「あ、そっちの安いやつ頼むと思った」って。たまには贅沢もしたいな〜』(25歳/営業)

ケチな男性は、質よりいかに安いかを気にします。
味よりも値段なので、居酒屋でも1番安い枝豆や冷奴などは必ず頼むなんてことも!?

健康が気になるので無農薬や国産にこだわりたいといった女性や、たまにはご褒美に高くても美味しいものが食べたいと考えている女性とは相性が悪い ですね。

●(4)タダでもらえる物が大好き

『スーパーとかコンビニでいつも割りばしとかおしぼり多めにもらってたのは少し引いた。アイスのスプーンとか、そんなタダでもらってどうするの』(24歳/美容師)

ケチな男性は、街角で配られているティッシュや、スーパーで買い物した時に貰える割り箸などは必ず貰います。
ティッシュや割り箸も消耗品で、沢山あって困ることはありませんが、自宅にタダで貰える広告の入ったティッシュが山積みになっているのはちょっと引いてしまいますよね。

あなたが何か物をこぼして、彼がサッと差し出したティッシュが広告の入ったものだったら、格好良いものではありません。

●(5)プレゼントが安物

『大きな出費を恐れすぎてる。それを知ってるからおねだりなんて絶対できない。友達に「誕生日なにもらったの?」って聞かれても、答えるの恥ずかしいです』(23歳/事務)

ホワイトデーやクリスマス、記念日にはプレゼントを期待しますよね。
ケチな男は、例え好きな女性のためであっても高価なブランド物は無駄な出費であると考えています。