洗顔するなら朝?夜? 洗う時は水?お湯?

写真拡大


執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ

「顔を洗う」ということは誰でもやっていますが、朝と夜だとどちらがいいのでしょう?

またお湯と水はどちらが効果的なのでしょう。

各人各様で方法もさまざまなようです。

今回はどのようにすれば一番効果的なのか、ご一緒に考えていきましょう。

洗顔の目的

私たちは肌のトラブルを起こしたくないために、洗顔をしています。

しかし逆に、それがマイナスになって肌に負担をかけてしまい、トラブルの原因になっている場合もあります。

どうしたらいいのかみていきましょう。

洗顔の目的は、顔の肌についた余分な皮脂や汚れを落とすことにあります。

何を使って洗顔するのか、洗顔料に含まれる保湿成分や美容成分に目が行きがちですが、本来の役割を果たすことが一番です。

洗顔方法について

洗顔は、肌のための基本となるスキンケア方法です。

しかし、間違ったやり方では、かえってトラブルを起こしてしまいます。

正しい洗顔方法をご紹介しましょう。

洗う水の温度


冬場でも冷水で洗うと毛穴が締まって肌が引き締まると考えがちですが、これは毛穴が縮んでいるだけで、肌には効果がありません。

逆に、急激に冷やすことで赤ら顔になったり、乾燥の原因になる可能性もあります。

お湯を使う場合、熱めのお湯で洗うと皮脂や汚れがよく落ちる感じですが、皮脂を落とし過ぎて、これも乾燥の原因となることもあります。

32℃〜35℃位が適温で、皮脂が溶けだし落ちすぎることもなく、毛穴が縮んでしまうこともない温度です。ちょっとぬるめのお湯ですね。

洗う時間


キレイに洗いたいために、2〜3分洗いたくなりますが、これでは洗い過ぎです。肌に洗顔料が長くついている状態は避けたいものです。

せいぜい1〜1.5分程度にしてください。

また、ゴシゴシと洗っていることはありませんか。こすらないようにしましょう。

目元口元は皮膚が薄いので、とくに柔らかく洗いましょう。

ふき取り方


タオルで顔をゴシゴシ拭いてしまっては、せっかく洗顔に気をつけていても肌に摩擦が生じて、これもまた乾燥の原因になってしまいます。

拭くときは、そっとタオルで押さえるだけで、こすらないようにしましょう。

洗顔は朝と夜、どちらがいいのか

洗顔とは、顔の肌についた余分な皮脂や汚れを落とすことにあります。

昼間化粧をして、外出をして汚れなども付着している可能性があるので、夜の洗顔は必須です。もし夜に洗顔しないで寝てしまったら、メイクが付いていて、その脂が酸化してしまいますし、角質が溜まる事にもつながります。

毛穴が詰まって肌がごわごわしてきて、肌そのものが疲れた感じになります。肌のターンオーバーを正常なサイクルにするためにも、きちんと夜には洗顔しましょう。

朝の洗顔がよいのかどうかは議論が分かれるところです。

夜、洗顔をきちんとして寝た場合、朝の顔には汚れはそれほど付着していないようですが、人間は寝ている間にコップ1杯ほどの汗をかきます。

顔にたくさん汗をかくわけではありませんが、汗と皮脂が混ざり合って肌を覆っています。

季節によっても違いますが、朝起きたときに何となく顔に汗をかいた感じがあるとか、べたべたする感じがあるなどという人は、洗顔料を使って洗いましょう。

しかし、年とともに皮脂の分泌も少なくなってきます。

洗顔をし過ぎると、必要な皮脂を取ってしまい、目元や頬など皮脂の分泌が少ない部分の乾燥が進んでしまう場合があります。

自分の肌が乾燥肌なのか脂性肌なのか、また敏感肌なのかなどを知り、洗顔料も自分に合ったものを選び、洗顔方法も選択しましょう。


<執筆者プロフィール>
南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケア公認講師・株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。タッチケアシニアトレーナー

<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供