米ロサンゼルスメディアの報道によると、資金不足や上映作品の不調などに悩む米国の映画会社・パラマウント映画がこのほど、中国の上海電影集団と華樺伝媒から、今後3年で総額10億ドル(約1140億円)の出資を得ることを明らかにした。資料写真。

写真拡大

米ロサンゼルスメディアの報道によると、資金不足や上映作品の不調などに悩む米国の映画会社・パラマウント映画がこのほど、中国の上海電影集団と華樺伝媒から、今後3年で総額10億ドル(約1140億円)の出資を得ることを明らかにした。人民日報が伝えた。

中国企業による米映画会社への出資は今回が初めてではない。2012年、中国万達集団(ワンダ・グループ)が26億ドル(約2964億円)で米映画館チェーン2位のAMCエンターテインメント・ ホールディングスを買収した。また、万達集団は16年にも、映画会社レジェンダリー・ピクチャーズを買収した。

パラマウント映画は100年以上の歴史がある米国、ひいては世界で影響力を持つ映画会社の一つだ。(提供/人民網日本語版・編集/KN)