黒トリュフソースも入って1000円以下!「ローストビーフと黒トリュフ ソースのフレンチ恵方巻」

写真拡大

銀座三越の地下2階「ギンザフードガーデン」では、2017年節分限定の商品が続々販売されます。

各店自慢の恵方巻きから、個性豊かな変わり巻き、食べやすいお手頃サイズまでバラエティ豊かに揃います。スイーツやパンもありますよ。

お手頃で安心の美味しさ

まずは恵方巻き6つをご紹介します。どれもお手頃価格なので、1人でも楽しめます。数本を何人かでシェアするのも楽しいですね。

「レブレ」からは「ローストビーフと黒トリュフ ソースのフレンチ恵方巻」(897円、直径5センチ×長さ10.5センチ)。リッチな内容なのに、この価格は嬉しいですね。

お次は「銀座 天一」の「天ぷら恵方巻」(756円、直径5センチ×長さ8.5センチ)です。天ぷらも天つゆも、恵方巻きにしたら絶対美味しそうです。価格はもちろん、味も安心感ある1本(ハーフサイズ)ですね。20点限りなのでお早目に。

さらにお手頃なのは「崎陽軒」の「シウマイ恵方まん」(330円、直径4センチ×長さ10センチ)。シュウマイでこの大きさならかなりの食べごたえが期待できそうです。

「ガリバルディ」の「恵方巻風アランチーニ」(735円、直径3.5センチ×長さ13センチ)はちょっと変わった恵方巻きを楽しみたい人にうってつけです。アランチーニとはイタリア名物のライスコロッケのこと。食卓が一気にオシャレになりそうな1本です。

「柿安ダイニング」からは「京都産九条葱 と黒毛和牛すき焼恵方巻」(1390円、直径5センチ×長さ18センチ)。すき焼きの甘辛タレは酢飯と相性バツグンでしょう。80本限りです。

ヘルシー志向の人には、「RF1」の「7種野菜入り海老とアボガドの恵方巻」(1080円、直径4.5センチ×18センチ)がオススメです。ランチにもいいですね。

「RF1」「柿安ダイニング」では予約受付中。販売は2月3日です。

センスが光る、和洋菓子も

お土産にも喜ばれそうな節分スイーツもありますよ。

京の老舗「鶴屋吉信」の「追儺」は各432円。ごぼうでツノを表現したきんとん製の「鬼」と、ふっくらとした上用製の「お多福」です。販売は1月28日〜2月3日。

入れ物も中身もかわいい「銀座あけぼの」の「干支枡」は各918円。今年の干支「酉」を描いた枡の中に落雁や金平糖が入っています。2月3日まで。

「ジョアン」からは子どもに喜ばれそうなパンが登場。いちご風味のパンにカスタークリームを包んだ「赤鬼くん」と抹茶風味のパンにチョコクリームを包んだ「青鬼くん」は各281円です。1月25日〜2月3日。

最後は「パティスリー モンシェール」の「堂島恵方巻きロール」。 横5センチ×縦6センチ×12.5センチと、ミニサイズがかわいらしいです。1本540円で1月28日〜2月3日の販売です。