台湾の清廉度、世界31位  中国大陸や韓国上回る

写真拡大

(ベルリン 25日 中央社)汚職・腐敗防止活動に取り組む国際NGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」(TI、本部ベルリン)は25日、2016年の腐敗認識指数(CPI)を発表した。台湾は世界176の国・地域中31位で、前年の30位より後退した。

同指数は各国・地域の公務員や政治家などが賄賂などの不正行為に応じるかを数値化し、順位をつけたもの。1995年から毎年発表されている。

台湾の得点は100点満点中61点。バルバドス、カタール、スロベニアと並んだ。東アジアでは、香港の15位、日本の20位に次ぐ順位で、韓国(52位)や中国大陸(79位)を上回った。

1位はデンマークとニュージーランド。最下位はソマリアだった。

(編集:名切千絵)