【日本にもまだ沢山ある】普通のクルマで砂利道を延々走っても大丈夫?

写真拡大 (全8枚)

クルマへのダメージを考えると避けたほうが無難

徳島県の「剣山スーパー林道」は全長87.7kmの日本最長のスーパー林道で、その大半が未舗装路……。こうしたところを普通の乗用車で走るのは、クルマへのダメージ、ドライバーのストレス、所要時間、燃費などを考えても、まったくおすすめすることはできない。

その他、スーパー林道は全国各地に23路線、総計1791kmほどあり、未舗装路が30km、40kmと続くところも珍しくない。こうしたスーパー林道は極端な例にせよ、乗用車で未舗装路を走るなら、5km未満にしておいたほうがいいのではないだろうか。

各自動車メーカーでは、未舗装路や山岳地帯、高地、雪上、寒冷地、etc.で耐久試験を行って、製品化し出荷しているので、舗装路以外は走れないということはないだろうが、未舗装路は条件がコロコロ変わるので容易ではない。

フラットなダートで、土と小石のような道なら、乗用車だって走りやすいが、轍が深かったり、道に穴が開いていたり、大きな石や尖った石があったり、倒木や流水があったり、道が極端に狭くなったりすると、乗用車ではもうお手上げということも……。

ましてや雨が降ったり、残雪があったりすると、さらに条件は悪くなる。そうしたリスクを考えると、臨時の工事区間などを別にすれば、乗用車でわざわざ未舗装路を長い距離走るのはできるだけ避けた方が賢明だ。

どうしても走る場合は最新の注意を払うこと

2〜3km以上の未舗装路をどうしても走る際は、20〜30km/h以下のスローなスピードをキープして、大きなギャップや穴ぼこなどを通過するときは、最徐行してタイヤや車体に大きな入力がかからないように注意しよう。

とくにロープロファイルタイヤは、タイヤもホイールも傷つきやすいので、急がば回れで、未舗装を通らないルートを選択するのがベスト。

SUVやRV、クロカン車なら余裕があるかもしれないが、土煙やブラインドコーナーなどでの視界不良には速度を控えめにして対応するしかない。林道でも対向車がくることは当然あるので、薄暗かったり、天気が悪いときは、昼間でもライトオンが基本。

砂利道では、石が跳ねてボディ、その他が傷つくこともあるので、クルマの美観を大切にしたければ、そもそも未舗装路などは走らないのが無難。当然のことながら、ローダウン化で最低地上高が低いクルマは、一層、未舗装路を苦手とする。

ラリー・ダートラ仕様やそれに近いようなクルマでも、林道にはオフロードバイクの愛好者などもツーリングに来ていることがあるので、対向車にはくれぐれも注意が必要だ。

好んでオフロードも求めて走りに行く人は別として、そうでない人が山岳道路などを走る際は、事前に舗装路と未舗装路の割合をきちんと下調べしてからルートを設定するようにしよう。