25日、韓国メディアによると、韓国の特別検察チームの度重なる出頭要請に応じなかった崔順実被告が同日、特別検察チームに強制的に召喚された。このニュースに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2017年1月25日、韓国・ニューシスによると、韓国の特別検察チーム(特検)の度重なる出頭要請に応じなかった朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友で国政介入事件の中心人物である崔順実(チェ・スンシル)被告が同日、特別検察チームに強制的に召喚された。

業務妨害の疑いで逮捕された崔被告は同日午前、ソウルにある特検の事務所に姿を見せた。先月24日に出頭して以降、約1カ月ぶりのこと。特検の事務所に到着した崔被告は報道陣に向かって、「特検が自白を強要している。とても悔しい。ここはもう民主主義の特検ではない」などと叫んだ。

特検によると、崔被告はこれまでに7回の出頭要請を受けたが、先月24日に1度出頭した以外は、「健康上の問題」などを理由に応じていなかった。特検は崔被告の主張に根拠がないと判断し、22日に娘チョン・ユラ氏の梨花女子大への不正入学問題に介入した疑いで逮捕状を請求していた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「鳥肌が立った。全く反省していないようだ」「民主主義の意味を知っているのか?」「罪を軽くするための演技」「民主主義らしく、崔順実の死刑をかけて国民投票をしよう」「ずうずうしいにも程がある。人間でいることを諦めたの?」「裁判など必要ない。すぐに刑務所へ入れよう」「今の韓国に崔順実の言葉を信じる人はいない」など、崔被告に対する批判的なコメントが多く寄せられた。

一方、「かわいそう…。特検を捜査しよう」「いくら掘っても何も出てこないから自白を強要したのか?」「崔順実の言葉が本当だったら大変なことになる。憲法裁判所の裁判を見ると、あながち間違っていない気もする」など、特検の捜査を懸念する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)