写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ちょっと大きいけど、どこにでも置ける
二子玉 蔦屋家電(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)は24日、クローゼット型のホームクリーニング機、LGエレクトロニクス・ジャパンの「LG Styler」を発表した。発売日は1月25日だが、この発売に先駆けて24日には発表会を開催。会場では実際に製品を触ることができたので、レポートしたい。

○水を使うけど、どこでも設置可能

LG Stylerは、「振動」と「スチーム」、二つの要素で服を簡易クリーニングする家電だ。蔦屋家電によると、この「ホームクリーニング機」は日本初上陸。最大の特徴は、洗濯機のように水でジャブジャブと洗わないこと。このため、洗濯機で洗えないシルクやカシミア、革製品などの服やファブリックを簡易クリーニングできる。また、洗濯機のように服が縮んだり擦れたりすることがないので、毎日使用してもデリケートな服が傷みにくい。

本体は細長いロッカーのような形状で、本体サイズはW445×D585×H1850mmと一般的な男性よりも大きなサイズ。基本的には部屋に据え置いて使用する。

クリーニングにはスチームを使用するが、水の供給とスチーム後の水分を回収する専用タンクが搭載されているため、設置場所付近に排水設備や蛇口などは必要ない。このため、洗濯機横などはもちろん、玄関や寝室などにも置けるだろう。本体表面はガラスドアになっており、高級感あるデザイン。お客様の目につくリビングに設置しても、違和感はなさそうだ。

●LG Stylerで、なにができるか?
○LG Styler、できること

LG Stylerは「ホームクリーニング機」と謳っているが、可能なのはあくまでも簡易クリーニング。LG Stylerでできることは、おもに「埃・花粉などの汚れ落とし」に、「しわ伸ばし」「におい除去」「除菌」「乾燥」「パンツのプレス」の6つだ。

もっとも頻繁に使うであろうモードは「リフレッシュコース」。このコースでは、まずスチームで服を包み込んで「汚れ落とし」を行う。コートやスーツなどについた、目に見えない埃や花粉をスチームで包み込んで落とす作業だ。

さらに、1分間に180回の振動を起こすことで、服の自重とスチームでシワを伸ばす。発表会ではしわ伸ばしのデモンストレーションはなかったが、手でグシャグシャに丸めたYシャツをリフレッシュコースに1時間かけると、アイロンなしで着用可能なレベルにシワが伸びるそうだ。

もうひとつ面白いのが、ドア部分に搭載されたズボンラック。ここにはスーツのパンツなどを掛けられるが、専用の板状パーツ「折り目ケア」でズボンを押さえることで、ズボンプレスのようにきっちりとした折り目を付けられる。毎日ぱりっとしたスーツで出勤したい人にはうれしい機能だ。

さらに、スチームは衣類についた臭い成分を吸着し、タバコや焼き肉などの臭いも除去してくれる。本体内にアロマシート(オプション)をセットすることで、衣類に好みの香りをまとわせることもできる。ちなみに、スチームの温度は最高で約60℃なので、除菌効果もあるという。

リフレッシュコースは「標準」コースで約48分。時間がないときは「おいそぎ」で約20分。じっくりケアしたい場合は「しっかり」と約1時間運転。合計3コースが用意されている。

●メジャーリーガー、川崎宗則選手も絶賛
○デリケート素材や、乾燥にも使える特殊コースも

標準的なリフレッシュ以外には、「除菌プラス」や「上質乾燥」コースも搭載する。

除菌プラスコースは、高温スチームを使用する時間を長くすることで、除菌性能をアップしたコースだ。LG Stylerにはハンガーのほか、網棚も用意されている。このため、ぬいぐるみや枕、帽子など、洗濯機には入れにくいものをじっくり除菌したい場合にも使える。蔦屋家電によると、第三機関の試験の結果、花粉などのアレル物質は99.5%まで除去、ダニは99.99%まで対策、さらに大腸菌などの雑菌は99.9%まで除菌できたという。

一方の「上質乾燥」コースは、通常よりも低温のスチームを使用。カシミアのニットやコート、革製品といったデリケートな生地もケアできる。

また、LG StylerはなんとスマートフォンのNFCにも対応。専用アプリを本体にタッチすることで、特殊なメニューを追加することも可能だという。ただし、現在日本語版のアプリはまだ開発中。今後順次リリースされる予定となっている。

○プロ野球選手の川崎宗則氏も絶賛

ここまででお分かりいただけたかと思うが、LG Stylerはクリーニング店での洗浄のように「皮脂汚れまでサッパリキレイに落とす」という製品ではない。ただし、汚れ落としやシワ、匂い対策、除菌といった効果によって、クリーニングの回数を大幅に減らすことはできそうだ。学校の制服や仕事用のスーツ、冬ならばコートなど、頻繁に着るけれど「洗濯機で洗えない」服を着る機会が多い人に、かなり便利そうだと感じた。

発表会の後半には、米メジャーリーグのシカゴ・カブスでワールドチャンピオンに輝いたプロ野球選手の川崎宗則氏も登壇し、LG Stylerを体験した。川崎氏は「アスリートなんで、毎日3食焼き肉ということもある。僕は肉の匂いでできていますよ」とコメント。LG Stylerから出された自身のジャケットを嗅ぎ「来る前に食べた焼き肉の匂いがまったくしない!」と感嘆の声をあげた。

(倉本春)