2PM ジュノ、本日(25日)放送スタートの「キム課長」で悪役に初挑戦…“初放送日が僕の誕生日、運命のようだ”

写真拡大

2PMのジュノが「キム課長」初回放送を控え、自身が演じるソ・ユル役に特別な愛情を表した。

ジュノは本日(25日) 韓国で放送スタートするKBS 2TV水木ドラマ「キム課長」で会計捜査検事として成功を重ね、大手企業の財務理事にスカウトされるソ・ユル役に扮し、ドラマ復帰する。

若い頃から成功を重ね、差し障りなく生きてきたソ・ユルは、ナムグン・ミン演じるキム・ソンリョンと対照的な人物だ。

映画とドラマでをキャリアを積んできたジュノが、初めてチャレンジする悪役をどういうふうに解釈し、表現するか期待が高まっている。

ジュノは劇中の人物について「普通悪役だと強者に弱く、弱者に強いが、ソ・ユルはそうじゃない。強者にも強く、弱者にも強い。ただ『強い人間』だ」と説明した。

続いて「個人的な信念を絶対曲げないことは当然で、本人自体が『意志』だと思ってる」と付け加えた。

「撮影がない時もこのキャラクターを忘れないために、性格から行動までたくさんの部分に気を使っている」と言い、精魂込めて役作りに打ち込んでいることをほのめかした。

最後に「放送スタートの日が僕の誕生日だ。まるで運命のような気がした。今日は色々楽しい日になってほしい」と伝えた。

ジュノは映画「監視者たち」「メモリーズ 追憶の剣」「二十歳」、tvNドラマ「記憶」で印象的な演技を披露し、信頼して見ることができる俳優に成長している。

今回の作品を通じてホットな男性俳優になるだろうか、関心が高まっている。