認知機能サプリメントの「ココノーラ(Coco-nola)」

写真拡大

健康食品メーカーの「認知機能サプリメント」(本社・岩手県盛岡市)は2017年1月23日、アレルギー原因物質27品目をはじめ、食品添加物、動物性原料を使わないクッキー「ココノーラ(Coco-nola)」を発売した。

小麦粉を使わない代わりに、ココナッツやキヌアといったスーパーフードを使用し、ヘルシーさにこだわっている。

小麦粉の代わりに玄米全粒粉で焼き上げ

食品表示法は、アレルギー原因物質による健康被害を防ぐためエビ、カニ、小麦、そば、卵、乳、落花生の7品目を原材料に使用した食品には表示義務を課している。また、アワビ、イカ、イクラ、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、クルミ、ゴマ、サケ、サバ、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、マツタケ、モモ、ヤマイモ、リンゴ、ゼラチンの20品目は食品への表示を推奨している。

ココノーラは、これらアレルギー原因食品27品目を使用せず、トランス脂肪酸やコレステロールもゼロ。小麦粉の代わりに玄米全粒粉で焼き上げている。有機ココナッツや、必須アミノ酸を含んでいるキヌア、さらに食物繊維が原材料に使われている。フレーバーはプレーン、ココア、ジンジャーの3種類。