「HT-MT300」の設置イメージ

写真拡大

 ソニーは1月25日、テレビの前に置いても邪魔にならないスリムなバースピーカーとソファの下にも設置可能なサブウーファーをセットにしたホームシアターシステム「HT-MT500/300」を3月11日に発売すると発表した。

 設置性やコストパフォーマンスの高さから販売増が続くサウンドバー。「HT-MT500/300」は、トレンドを踏まえ、設置のしやすさにこだわりつつ、1ランク上の音響環境を目指すべく開発した。最大の特徴は、ソファの下にも置けるスリムなサブウーファーだ。

 高さが95mmのサブウーファーは、縦向きにテレビの隣に置くことができるのはもちろん、ソファの下に横向きで配置することも可能。視界から隠れるので、部屋を圧迫せずに重低音サウンドを満喫できる。

 サブウーファーと人の距離を補正し、クッション素材に浸透しやすい音に変換することで、大音量による揺れを抑制したりするソファモードを搭載。従来のホームシアターにはない新提案ながら、ユーザーの快適性に細部までこだわっている。

 サウンドバーもサブウーファー同様にスリムで、幅は500mm。テレビの前に置いても存在を主張しすぎない。コンパクトながら、上位モデル「HT-MT500」は160mm、ベーシックモデル「HT-MT300」は120mmの大口径スピーカーユニットを搭載。「HT-MT500」は高磁力カネオジウムマグネットと発泡マイカ振動板を採用し、ハイレゾ音源の再生にも対応する。

 「HT-MT500」の付加価値は機能面にもある。ワイヤレスサラウンド対応のスピーカーと組み合わせることでリアルサラウンドを再現。「Spotify Connect」や「Chromecst built-in」などの音楽配信サービスと連携し、ワイヤレスで音楽を再生することも可能だ。

 「HT-MT500」はチャコールブラック一色だが、「HT-MT300」はチャコールブラックとクリームホワイトの2色をラインアップ。価格はオープンで、税別実勢価格は「HT-MT500」が7万円前後、「HT-MT300」が3万3000円前後の見込み。