写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Mozillaは1月24日(米国時間)、「WebGL 2 lands in Firefox|Mozilla Hacks|the Web developer blog」において、Firefox 51でWebGL 2のサポートを実現したと伝えた。WebGLは3Dグラフィックをレンダリングするための標準APIで、モバイルゲームなどで使われているOpenGL ESをベースに開発したとされている。

FirefoxはこれまでOpenGL ES2をベースとしているWebGL 1をサポートしていた。今回公開されたFirefox 51からはOpenGL ES 3.0をベースとしたWebGL2がサポートされており、従来のバージョンと比較してパフォーマンスやビジュアルのリアリティが向上しているという。

Firefox 51でデモアプリケーション「After the Flood」を閲覧することで、この新しい機能を試すことができる。3Dグラフィックのレンダリングの速さ、木やコンクリートといったオブジェクトのリアルさ、水面のリアルさなどを確認できる。Webブラウザで閲覧するだけでこのクオリティのゲームが体験できるといった点は興味深い。

(後藤大地)