やっべぇ! 飲み会で「女性上司」にときめいた瞬間・5つ

写真拡大

会社の飲み会では、いつも一緒に仕事をしている同僚、上司や部下とも顔を合わせますよね。そんな飲み会で、男性が女性上司にドキッとしてしまうこともあるのだとか。今回は男性に、飲み会で「女性上司にときめいた瞬間」を聞いてみました。

■酔って顔が赤くなったとき

・「酔っ払ったとき、顔が赤くなって『酔っ払っちゃった』と言ってくる」(29歳/学校・教育関連/経営・コンサルタント系)

・「お酒を飲んで顔が赤くなっているとき」(29歳/情報・IT/その他)

お酒を飲んで酔っ払うと、顔が赤くなる人もいますよね。そこに女性らしさを感じてときめく男性もいるようです。

■話しやすかったとき

・「いつもは厳しいのに話しやすかった」(39歳/その他/事務系専門職)

・「普段は敬語や丁寧語なのに、自分にだけタメ語で話してくれたとき」(39歳/建設・土木/技術職)

仕事ではなかなか話しかけにくい上司もいるでしょう。しかし、飲み会ではフランクに話してくれる上司には、好感が持てるのではないでしょうか。

■やさしくされたとき

・「やさしくされて、なんでも相談していいのよと言われた」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「いつもは厳しいが、酔ってやさしくなったとき」(33歳/電力・ガス・石油/販売職・サービス系)

職場では、上司に業務の指導をされたり、叱られたりすることも多いかもしれません。しかし飲み会でやさしくされると、思わずキュンとしてしまうこともあるのでは。

■甘えられたとき

・「いつも厳しい言葉を言ってくるのに、酔ったら甘えてきた」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「普段はすごくサバサバしている女性上司が、お酒の席で甘えてきたとき」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

上司というと、指導する立場ゆえに、厳しいイメージがあるという人もいるのではないでしょうか。そんな上司に甘えられると、ギャップ効果で好きになってしまうのかも。

■ボディタッチされたとき

・「近くに寄ってきてボディタッチとかされたらドキドキする」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「いつも厳しいのに、酔って腕を組んできた」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

上司からのボディタッチにドキッとする男性もいるようです。普段はあまり意識していなくても、ひとりの女性として意識するようになるかもしれませんね。

■まとめ

職場で、上司としての威厳と女性らしさを両方アピールするのは難しいですよね。しかし飲み会でなら、気になる男性部下とも打ち解けやすいもの。飲み会を活用して、積極的にアプローチしてみてはいかがですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年1月11日
調査人数:265人(22〜39歳の男性)