宇宙全域で展開されているレストラン「プラズマ・レイズ・ダイナー」。オーナーの小柄な宇宙人 “プラズマ・レイ”は、意欲的な経営で巨大な料理帝国を築き上げた/(C)Disney

写真拡大

東京ディズニーランドのトゥモローランドに登場する新しい飲食施設「プラズマ・レイズ・ダイナー」のオープン日が、3月25日(土)に決定した。

【写真を見る】気軽な雰囲気の「プラズマ・レイズ・ダイナー」では、おいしい名物料理が提供される/(C)Disney

このレストランは、オーナーである小柄な宇宙人“プラズマ・レイ”の名前を冠した、宇宙のあちこちにあるレストランのひとつで、今回、地球初出店として東京ディズニーランドにオープンする。

幾何学模様がデザインされた店内では、“プラズマ・レイ”が手掛けたお店の宣伝ポスターを至るところにデコレーション。オリジナルのパッケージに入ったライスボウル(各780円)を販売する。内容は4種類。星の形が特徴の「エビカツ」、きらめく星空のようにカラフルな色合いの野菜が盛り付けられた「あられチキン」「ハンバーグ」「ベジタブルカレー」と、見た目にも楽しいメニューがそろう。

また、スティック状のサツマイモを揚げた「フライドスウィートポテト」(290円)がパークに初登場するほか、宇宙やロケットをイメージしたオリジナルの「ヨーグルトムースケーキ」(380円)も販売する。【ウォーカープラス編集部/Raira】