アタックしても効果ナシ?男性が「彼女はまだいいわ」と考える理由

写真拡大



気になっている人が「俺、いまは彼女いいわ」と、男友達と話していた。そんなことがあったら「付き合える見込みないじゃん…!」と、ちょっとショックを受けてしまいますよね。

できることなら、そんな彼の恋のモチベーションをうまく上げて、そのまま恋人関係になれたらと思うことでしょう。男性が「彼女はまだいい」と言うときには、どういう理由があるのか……?リサーチしてみました。

■1.目標に向けて頑張っていることがある

「女の人もそうだと思うけど。就職とか資格取得とか、自分が落ち着くまでって恋人を作る気にならないですよね」(23歳/男性/大学院生)

確かに恋愛のほかに頑張るべきことがある場合、それが落ち着くまでは、「恋人作ろう!」という気持ちになりにくいもの。こうした時期は、片思いの段階で告白してもフラれてしまう可能性が高そうです。

まずは、「私で役に立てることがあれば、何でも遠慮なく聞いてね〜!」と、彼の味方になれる姿勢を大事にしてみては?ただし、あまりお節介を焼いてしまうと、男性は何もできない自分が情けなくなってしまうかもしれないので、あくまでも温かく見守ってあげる程度に留めておきましょう。

■2.別れたばかりで自信がない

「彼女と別れてしばらくのときって、割とそんな状態かも。彼女と付き合って別れると、自分がまだまだ足りないことが多くて、もっと努力しなきゃって思うことってたくさんあるから」(24歳/男性/販売)

別れたばかりで自分に自信がないときには、「いま恋人ができても……」と考える男性もいるようです。

そうしたとき、特に男性の場合は、仕事から自分自身を成長させようと考える人が多いもの。彼と一緒に仕事のやりがいや辛さを、積極的に共有して乗り越えられると、彼も自信が持てて恋のモチベーションが高まるかもしれませんね。お互いに心の支えになっていることを実感できれば、あなたのことが気になる可能性はかなり高くなると思います。

■3.趣味、ゲームなど楽しみがある

「男性って若いうちはまだまだ遊んでいたい人が多いと思います」(24歳/女性/福祉)

男性の場合、結婚を意識する年齢が遅いこともあり、本気で「恋人を作ろう」と意識する年齢も遅めかもしれません。ですから、目の前の趣味が楽しければ恋愛よりも「友達と一緒に過ごしていた方が……」と感じる人も多いのでしょう。彼がこういった考えの場合は、一緒に趣味を共有しながら過ごす時間を増やせると、ひょんなことから異性として意識する瞬間があるかもしれませんね。

■4.そもそも恋愛に興味が向かない

「恋愛にあまり興味がないと、『俺はそういうのはいいかな』って話題に乗って来ない人って、意外と多い気がする」(24歳/男性/サービス)

恋愛するための余裕があったとしても、そもそも恋愛自体に興味がなければ恋も始まりませんよね。彼らのようなタイプには、アプローチをしかけるよりもまずは友達として距離を縮めることが一番の近道になるかもしれません。

変に媚びたり、ムリに彼を振り向かせようとすると、恋愛に免疫のない彼は逆に遠ざかってしまいます。あまり好意を見せつけず、彼と価値観、考え方を共有しながら、お互いの存在感を友達の段階から高めてみてください。

■おわりに

彼が「彼女はまだいいわ」と言っていたら、これらのパターンに当てはまる可能性が高いかも?そのときは慌てず、彼がどのタイプに当てはまるのか整理をしながら、彼との関係を賢く図ってみてください。(柚木深つばさ/ライター)

(ハウコレ編集部)(小南光司/モデル)(泉三郎/カメラマン)