「内省的なボス」ヨン・ウジン、パク・ヘスに振り回される

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
ヨン・ウジンが部下のパク・ヘスに振り回されている。

24日、韓国で放送されたtvN月火ドラマ「内省的なボス」第4話では、ロウン(パク・ヘス) によって無理矢理取引先の代表(パク・サンミョン) と会うファンギ(ヨン・ウジン) の姿が描かれた。

彼ら3人はスカッシュ場に集まった。ロウンはファンギがスカッシュに強いと自慢し、これを受け代表は一緒にやろうと手を出した。誰かに見つめられるとミスするというファンギの断りにも代表は、「みんなミスして生きていくのさ」と彼を連れ出した。ロウンはファンギのバッグも服も奪った。

しかし、ファンギは屈しなかった。こんな風に仕事したりはしないと、正式に契約書を持って会うと線を引いた。怒った代表は「人を困らせるね。僕がパンツ姿で踊れとも言った? 健全に楽しもうというのに」と一喝した。

最終的にロウンが出て、状況を収めた。問題は、ロウンにスカッシュを教える過程で代表の手が彼女の身体を執拗に触れていたということ。ボールで代表の額に傷を作ったファンギは「話したじゃないですか。誰かに見つめられるとミスすると」と話した。