「誕生50周年記念 リカちゃん展」松屋銀座で開催、初代から4代目まで約580体を展示

写真拡大

着せ替え人形リカちゃんの展覧会「誕生50周年記念 リカちゃん展」が、松屋銀座で2017年3月22日(水)から4月3日(月)まで開催される。

50年間変わらず愛される“リカちゃん”

1967年に誕生、2017年で50周年を迎えるリカちゃんは、これまで4代にわたりモデルチェンジをし、累計販売数は6000万体を超える。時代と共に変化し、女の子の夢や憧れを叶え続け、現在も女児玩具のトップブランドとして親子2世代3世代に渡って愛され続けてきた。

様々な時代へタイムスリップ、各時代のリカちゃんに出会う展覧会

本展では「Licca meets Licca」をテーマに、約580体のリカちゃんやその家族・友達・リカちゃんハウスなどを当時のファッションと共に紹介。様々な時代へタイムスリップしながら、懐かしのリカちゃんが見られる展覧会となっている。

また、誕生時の開発ノートや豪華なリカちゃんハウスなど、貴重な資料約70点の公開や、スワロフスキー(SWAROVSKI)などのブランドや著名人による「50周年お祝いコラボリカちゃん」の特別展示も。そのうち、24体は松屋銀座のファッションブランドショップとのコラボレーションとなっている。

会場限定レアグッズも登場

物販では、展覧会オリジナルグッズ約400種類が販売される予定だ。なかでも、初代リカちゃんの人気商品“ミリタリールック”をオマージュした「誕生50周年記念 リカちゃん展限定リカちゃん」は、着せ替え用のハイネックシャツとサイケ調プリントのパンタロン、黒のエナメルバックなどの小物、そしてブックレット風小冊子が入った豪華なセット。衣装は当時のデザインを忠実に再現しながらも、体型の異なる4代目に合わせてミリ単位でディフォルメしている。

50周年を記念したイベント、松屋銀座以外でも開催

「誕生50周年記念 リカちゃん展」以外にも、大阪・東京での記念パーティーの開催、日めくりカレンダーの発売などが予定されている。日めくりカレンダーは、歴代の「リカちゃん」の貴重な資料の中から厳選した写真を復活させ、50年分の「リカちゃん」の世界を凝縮したプレミアムグッズ。そのほかファンにはたまらないラインナップが今後も続々登場する。

【詳細】
「誕生50周年記念 リカちゃん展」
会期:2017年3月22日(水)〜4月3日(月)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
住所:東京都中央区銀座3-6-1
時間:10:00〜20:00(入場は閉場の30分前まで、最終日は17:00閉場)
入場料:一般1,000円(700円)、高校生700円(500円)、中学生 500円(400円)、小学生 300円
※(  )内は前売り料金
※前売券は、各プレイガイドにて2月上旬から3月21日(火)まで販売予定
問い合わせ先:松屋銀座(大代表) 03-3567-1211
■「誕生50周年記念 リカちゃん展 限定リカちゃん」詳細
価格:12,000円+税
販売場所::「誕生50周年記念 リカちゃん展」会場
内容:人形(ミリタリーワンピース、リボン)、ブーツ、帽子、 ノースリーブシャツ、パンタロン、サングラス、ネックレス、バック、 靴、靴箱、記念小冊子

■リカちゃん50周年記念パーティー
開催日:2017年夏
出席予定者数:約2,000人(2会場合計)
会場:東京、大阪の2会場を予定
参加条件:今から25年前の1992年に25周年記念として発売された「2017 プレミアムリカちゃん」を購入し、1993年3月までに申込んだ人のみ。
■50周年記念・リカちゃん 日めくりカレンダー 2017(4月始まり)
価格:4,500円+税
発売日:2月8日(水)
本体サイズ:W149×D132×H43mm(全369ページ)
■書籍「公式 リカちゃん完全読本 50th ANNIVERSARY 1,500円+税
発売日:3月13日(月)
仕様:A5版、ソフトカバー、オールカラー160ページ
発売元:講談社

【問い合わせ先】
株式会社タカラトミーお客様相談室
TEL:0570-04-1031(ナビダイヤル)

(c)TOMY


[写真付きで読む]「誕生50周年記念 リカちゃん展」松屋銀座で開催、初代から4代目まで約580体を展示

外部サイト

  • 「マーベル展」六本木ヒルズで - アベンジャーズやスパイダーマンの衣装、小道具など200点を展示
  • 「丸の内 バレンタイン マーケット 2017」東京・丸ビルで、ザ・ローリング・ストーンズのチョコ登場
  • エストネーションからバレンタインチョコレート登場、NYアートユニットとコラボ