初来日!韓国初の“劇場公演型アイドル”少年24の魅力に迫る…Vol.3 ― UNIT WHITE インホ、ジンソプ、ジェヒョン

写真拡大 (全4枚)

Mnetのユニットサバイバル番組で選抜されたボーイズグループ少年24。約5500人の応募者から選抜された28人のメンバーが、各7人ずつUNIT YELLOW、UNIT WHITE、UNIT GREEN、UNIT SKYの4つのユニットで構成されている。少年24は昨年9月22日からソウル・明洞にある専用公演会場「BOYS24 Hall」でオープンラン公演を展開している。韓国初の公演型アイドルというこれまでになかったスタイルでファンと近い距離で触れ合い、公演チケットは完売するなど話題を集めている。10月には日本でも公式ファンクラブがオープン、12月3日に東京で初のファンクラブイベントを開催した。Kstyleではファンクラブベントのため初来日したUNIT YELLOWとUNIT WHITEにインタビューを敢行!14人のメンバー一人ひとりの魅力に迫った。ユニット別でもそれぞれのカラーが垣間見れ、UNIT WHITEは落ち着いた様子で真摯に答えてくれた。ユニット内のジェヒョン、インホ、ジンソプのインタビューをお届けする。

【プレゼント】少年24のUNIT YELLOW&UNIT WHITE直筆サイン入りポラを各2名様に!

―自己紹介をお願いいたします。特技やアピールポイントなどを教えてください。
ジェヒョン:特技は英語です!魅力的な声もアピールポイントだと思います。

インホ:僕の特技は歌で、ミュージカルの曲を歌うことが好きです。それからもう一つの特技は、雰囲気が暗くなっている時にその場を盛りあげる雰囲気メーカーです! 魅力ポイントは目です。

ジンソプ:高校の時から室内デザインの勉強をしていて、空間デザインができます。魅力ポイントは鋭い感じの印象を与えている目だと思います。

流暢な英語が武器…アメリカ進出もOK!

―メンバーそれぞれどんな性格で、どんな役割を持っていると思いますか?ご自身ではなく他のメンバーに紹介をお願いしたいです。

ジンソプ:ジェヒョンはUNIT WHITEのビジュアル担当で、ものすごく努力家です。そうは見えないんだけど、見た目とは違って活発でおもしろいです。UNIT YELLOWではジンソクが日本語ができますが、ジェヒョンは英語がすごく流暢なので、もしアメリカなどに進出できた時には重要な存在になると思います。通訳が出来る人ですね。

メンバー一同:お〜!

ジンソプ:そして存在感があるので、いないとその空席を感じてしまう大事な存在です。

ジェヒョン:インホは活発でWHITEのムードメーカーです。打ち合わせや練習の時でもたくさんのアイデアを出してくれて、年上のメンバーと年下のメンバーの間で調整をしてくれます。とても明るくて面白いです!

インホ:ジンソプは年下のメンバーの中の一人なのですが、愛嬌がなくてムスッとして見えるんだけど実は凄く愛嬌があってよくふざけたりもします。見た目と行動、話し方のギャップがあるのが魅力です。冷たく見えるんだけど、温かいところがあります。それからビジュアルが凄い(笑)! 体の比率がすごいでしょう(笑)?スタイルが良くて足が長いです。

「もともとの夢はミュージカル俳優…少年24は自分に合っていると思います」

―歌手になろうと思ったきっかけや、少年24に参加しようと思ったきっかけ、憧れの先輩がいれば教えてください。

ジンソプ:子供のときから人前で踊ったり歌ってみたいと思っていて、練習生の時に少年24プロジェクトに出会いました。ちょうど自分が挑戦したいと思っていた時期でタイミングが合いました。VIXXのレオ先輩をすごく尊敬していて、自分ももっと努力しなければいけないと思ってリスペクトしています。

インホ:自分はアイドルや、テレビに出るような歌手になろうとは思っていなくて、ミュージカル俳優になるのが夢でした。そのため発声練習をしたり、ミュージカルの基礎になるようなことに関心があり、いろいろ探していたところ、ある時K-POPアイドルのダンスを習ったんです。やってみたらけっこうおもしろくて、また違った魅力があるなと思い、こちらの道に進み始めました。少年24に出たきっかけは、ミュージカルは観客と直接触れ合えるライブ公演ですよね。少年24も劇場を持っているグループなので、観客と直接触れ合えるところが大きな長所だと思いました。今、現代ジャズみたいなコンテンポラリーダンスもやっていますが、多様なジャンルに接することができるので、自分に合っていると思います。尊敬する人やロールモデルというのは一人に決めていません。いつも特定の誰かというより、メンバーのドハくんになったり、ヨンドゥくんになったりすることもあり得ます。その時その時に良い影響を与えてくれる人から良いところを学ぶようにしています。自分のジャンルで成功している全ての人を尊敬しています。

ジェヒョン:小さいときにたくさんあった夢の一つが歌手で、昔から声が良い人が好きでした。テレビですごくキレイな声で歌う人を見て、あんな風に歌えたらいいなと憧れることはありましたが、興味があっただけで練習をしたり、歌手を目指すような活動はしていませんでした。たまたま少年24プロジェクトを知って、誰にでも開かれている機会で、やってみたいなと思い挑戦しました。憧れる先輩はNCTのみなさんが歌もダンスもかっこよくて好きです。

「日本の街には秩序があってきれいでいいなと思いました」

―日本にはどんなイメージを持っていますか?

インホ:日本は自動車も音をしないで走っていて、人の足音もしないようなすごく静かなイメージがありました。来てみたら雰囲気は静かではありますが、賑やかだし、人々がすごく親切だと思いました。何か話すと「ありがとうございます」と最後に付けたりしていて。すごく内向的だと思っていたんですが、来てみたら日本独特の雰囲気があり活気があってイメージとは全然違いました。

ジンソプ:日本は秩序があって、すごいなと思いました。道もきれいでゴミ一つ落ちていないし。日本に着いてからご飯を食べに行ったところが地下鉄の駅の近くだったんです。自転車置き場を見ても、すごくきれいに並んでいて、そういうところがいいなと思いました。

UNIT WHITEは、チーム“王子”のように落ち着いて今後の思いを語ってくれた。みんなが一丸となってユニットを盛り上げようとする意気込みが感じられ、息の合った姿を見せてくれた。初来日記念発表会やファンクラブイベントも盛況のうちに終えた少年24。今後の活躍に期待が高まる。

撮影:朝岡英輔、一部通訳:渡辺奈緒子

初来日!韓国初の“劇場公演型アイドル”少年24の魅力に迫る…Vol.4 ―UNIT WHITE ドハ、ヨンドゥ、ヘジュン、ソンヒョン

■関連サイト
少年24 JAPAN OFFICIAL FANCLUB:http://fan.pia.jp/boys24/
オフィシャルTwitter:https://twitter.com/boys24_jp