マジでゴメン!! 「女友だちからの告白」の断り方6つ!

写真拡大

仲のいい男友だちに告白しようか迷っている女性もいるのではないでしょうか? もし、男性が友だちとしての関係を崩したくない場合、女性から告白されたらどのように断るのでしょうか? 男性たちに直接訪ねてみました。

(1)付き合えないとはっきりと断る

・「『あくまで友だちとしか見られない』とはっきりと伝える」(37歳/小売店/販売職・サービス系)
・「はっきりと無理だと断ってから時間をかけて元に戻していく」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

もしも断ってしまうことで関係が変化してしまうとしても、相手のことを想ってはっきりと断るという男性は非常に多かったです。もし関係が崩れても、また元に戻していくこともできると考えている男性もいるようです。

(2)他に好きな人がいるからと断る

・「やんわりと『他に好きな人がいる』と嘘をつく」(32歳/運輸・倉庫/技術職)
・「『どうしても忘れられない人がいるから考えられない』という」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

告白をしてくれた女性をできるだけ傷つけないよう、他に好きな人がいると嘘をついて断るという男性もいました。あなたのことは嫌いではないけれどつき合えない……そうした気持ちが込められているのではないでしょうか?

(3)友だち以上にはなれないと伝える

・「『友だちとしては好きだけど、恋愛関係になるのは考えられないから申し訳ない』と伝える」(35歳/食品・飲料/営業職)
・「友だちとして好きだけど、それ以上には思えないからごめんなさい」(35歳/食品・飲料/営業職)

恋愛関係にはなれないと、正直な気持ちを伝えるという男性もいました。場合によっては、この断り方だと女性が諦めきれないこともあるような気もしますが、これも男性の優しさなのかもしれませんね。

(4)今の関係が一番いいと答える

・「『今の関係を壊したくないからこのままでいよう』と言う」(30歳/その他/その他)
・「少し考えて、『今の関係が最高だから』と言って断る」(31歳/学校・教育関連/専門職)

場合によっては、恋人同士になることが最良の関係であるとは限らない場合もあるでしょう。今の関係を保つことがお互いにとって一番だと伝える形で、やんわりと断るという男性もいるようですね。

(5)タイプじゃないからと断る

・「『スタイルがタイプじゃないのよね』と逆のことを言う。胸の大きい子なら、小さい子がいいという風に」(37歳/機械・精密機器/営業職)

あいまいな返事をしてしまえば、努力をすればいつかは振り向いてくれるかもと期待をさせてしまうかもしれませんよね。どうせ同じく断るのであれば、いっそ諦めてくれるよう、嘘をついて振ってしまうという男性もいるようです。

(6)思い切って付き合ってみるという男性も

・「断らないし、断る理由もない?」(30歳/運輸・倉庫/その他)
・「それだけ仲がいいなら付き合ってみていいと思う」(26歳/金融・証券/専門職)

友だちのままでいたいと思っていた気持ちが、告白をされることによって揺らいでしまうこともあるようです。せっかくなのでお付き合いをしてみてもいいのでは?との意見をあげた男性もいました。

■まとめ

付き合う気持ちがない相手に対する、断り方はその男性によってさまざまです。相手に悲しい思いをさせまいとやんわりと断る人もいれば、逆にはっきりと意思表示をする人もいます。友だち関係で居続けるということは、女性としてはずっとその人を思い続ける可能性だってあるわけですよね。そうしたことも含めて、男性にはじっくりと考えて適切に対応していただければと願います。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数120件(22〜38歳の働く男性)