写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝エルイートレーディングは24日、ワイドFM(FM補完放送)対応のCDラジオ「TY-C300」と「TY-C250」を発表した。発売は2月初旬。価格はオープンで、推定市場価格はTY-C300が7,500円前後、TY-C250が5,700円前後(いずれも税別)。

○TY-C300

TY-C300は、ワイドFM対応のCDラジオで、本体カラーはサテンゴールド。幅が従来モデルより3.8cmほどスリムになり、奥行も6.3cmと薄いため、壁掛けでも使える。操作ボタンと液晶表示部は本体上面に集め、見やすく操作しやすい設計となった。

CDの再生機能としては、再生速度を0.5〜1.5倍の11段階で調整できる「スピードコントロール」機能、CDの再生中に電源を切った場合でも続きから再生する「レジューム再生」、3秒戻し / 10秒進めなどの「ワンタッチサーチ」、CDの聴きたい場所を繰り返し再生する「A-Bリピート」などを収録している。

ボタンを押すだけでラジオ放送局が登録できる「お好み選局」は、AM / ワイドFMそれぞれ4局から5局に増えた。電源は単3形乾電池×6本かACアダプタを使用する。電池持続時間はCD再生時で約3時間、ラジオ受信時で約16時間。

再生可能ディスクはCD / CD-R / RW(CD-DA)。受信周波数はAM:531kHz〜1,710kHz、FM:76.0MHz〜108.0MHz。1.1W+1.1W出力の直径5cmコーン型ステレオスピーカーを内蔵。インタフェースは、ライン入力×1、マイク入力×1、ヘッドホン出力×1などを装備する。本体サイズはW280×D63×H149mm、重量は約1.2kg(乾電池を除く)。リモコンが付属する。

○TY-C250

「TY-C250」は、スピードコントロール、レジューム再生、ワンタッチサーチなどの機能や、マイク入力端子、リモコンを省略したモデル。ホワイトとブラックの2色を用意する。その他の仕様は「TY-C300」とほぼ共通。

(リアクション)