初来日!韓国初の“劇場公演型アイドル”少年24の魅力に迫る…Vol.1 ―UNIT YELLOW ロウン、ホンイン、チャンミン

写真拡大 (全4枚)

Mnetのユニットサバイバル番組で選抜されたボーイズグループ少年24。約5500人の応募者から選抜された28人のメンバーが、各7人ずつUNIT YELLOW、UNIT WHITE、UNIT GREEN、UNIT SKYの4つのユニットで構成されている。少年24昨年9月22日からソウル・明洞にある専用公演会場「BOYS24 Hall」でオープンラン公演を展開している。韓国初の公演型アイドルというこれまでになかったスタイルでファンと近い距離で触れ合い、公演チケットは完売するなど話題を集めている。10月には日本でも公式ファンクラブがオープン、12月3日に東京で初のファンクラブイベントを開催した。Kstyleではファンクラブベントのため初来日したUNIT YELLOWとUNIT WHITEにインタビューを敢行!14人のメンバー一人ひとりの魅力に迫った。ユニットで4人、3人に分けてのインタビューとなったが、途中他のメンバーも参加するにぎやかな内容をお届けする。

【プレゼント】少年24のUNIT YELLOW&UNIT WHITE直筆サイン入りポラを各2名様に!

―まずは自己紹介をお願いいたします。特技などアピールポイントなど、メンバーが多い中でも際立つ魅力ポイントを教えてください。

チャンミン:少年24UNIT YELLOWの末っ子チャンミンです。韓国では自己紹介の時、“視線強奪”と言っていますが、それが自分のキーワードだと思っています。ステージ上での強い目(視線) に自信があります。ダンス、ラップが得意で、僕のダンスは動きがダイナミックでパワフルなところが特長です。またラップは少年24のラッパーの中でも発声、発音の部分でリードできていると思っています。可愛い時は可愛く、かっこいい時はカッコよく、多彩な表情が僕の魅力ポイントだと思います。

ホンイン:少年24UNIT YELLOWのホンインです。僕は「ダンスの妖精」と呼ばれています。ダンスが大好きで、これまでさまざまなジャンルのダンスを学んできました。アピールポイントはダンスをしている時の自分の手です! 僕の手の動きはセクシーさと上品さを兼ねていると思いますので、是非注目してほしいです。

「日本のダンススポーツ大会で受賞したことがあります!」

ホンインさんはデビュー前にさまざまなダンス大会で受賞経験があると聞きました。

ホンイン:はい、僕はダンススポーツの選手として、韓国だけではなくいろいろな国の大会で賞を取ったことがあります。日本の広島で開催された大会でも受賞したことがあります。またMnetの「ダンシング9」という番組で優勝したチームレッドウィンドのメンバーでもありました。ソチパラリンピックのステージに立ったこともあります。

ロウン:少年24UNIT YELLOWのリーダーロウンです。僕は作曲ができます。歌も得意で、ベースギターをずっとやっていました。UNIT YELLOWにヨンテ兄さんが来るまではチームの中で一番年上の兄という存在だったので、やはりリーダーとしてのカリスマ性が僕の魅力ではないかと思います。

―各メンバーがどんな性格か、またグループの中でどのような役割だと思うか教えてください。ご自身ではなくメンバーに教えていただきたいです。

チャンミン:僕はロウン兄さんについて話します。ロウン兄さんは仕事以外では友達のように僕たちとはしゃぎますが、UNIT YELLOWのリーダーとして雰囲気をリードしなければいけない時はしっかりリードしてくれます。オンとオフをきちんと分けることができて、リーダーとしてユニットのバランスを取ってくれている人ですね。リーダーは正直大変だと思います。やることも多いし、守らなければいけないこともあるし、模範にならなければいけないし。一番大変な役割だと思いますが、その役割を立派に果たしていると思います。

「ONとOFFの僕はかなり変わります…リーダーとしての“責任”を学びました」

ロウン:仕事でない時は笑いながら友達のように接しますが、練習になると僕はかなり変わります。ステージで誰かがミスをすれば指摘もしますし。でも正直リーダーじゃなかったら怒ったりしないですよ。でも僕はUNIT YELLOWのリーダーだから。僕はリーダーになって責任を持つということを学んだと思います。

チャンミン:そうです。他のメンバーもロウン兄さんの言うことをよく聞くんです。だからこそこうして今UNIT YELLOWとしてこの場にいることができるのだと思います。

ジンソク:そうですね。心がお互いよく通い合ったという感じです。

ホンイン:僕はチャンミンを紹介します。チャンミンは周りをいつも気遣ってくれて、僕より年下だからか、僕がふざけてもそれを全部受けとめてくれます。それに落ち着いているところもあって、思慮深い人だと思います。(なぜかいったんストップ)

メンバー一同:これで終わり?(笑)

ホンイン:ううん(笑) 前向きな性格である反面、普段はかわいい弟なのに、ステージでは自分のパート(ラップ) になると本当にかっこいいです。だけどしっかりしていそうでしてないところもあって……(笑) あ、それにジェントルマンです!

ロウン:ホンインはいつも明るいです。じっとしていられなくて、一人でいるのが嫌いで子犬みたいです。そしてホンインは空気を読むことができません(笑)

ホンイン:アハハ!(笑)

ロウン:自分がしたいように行動します。ちょっと沈んだ雰囲気の時でも一人だけ明るかったり……(笑) でもそれが重い雰囲気を和ませてくれることもあるし。いつも笑顔で、周りを幸せにしてくれる存在です。

ソンファン:ホンインは憎めないキャラクターだよね。

ロウン:はい、天然だし、どんなキャラクターかと聞かれたらほんとにビーグル犬みたいです。

「防弾少年団先輩のような音楽スタイルを持ちたいです」

―皆さんが歌手になろうと思ったきっかけや少年24のプロジェクトに参加しようと思ったきっかけ、そして憧れの先輩がいれば教えてください。

チャンミン:僕は歌手というよりはステージに立ちたいという思いがまず先でした。中学校の学園祭でステージに立った時、すごく気持ちがよくて。それまでは特に夢がなかったのですが、その頃から歌手になりたいという夢ができました。「少年24」はオーディション過程がテレビで放送されるので、すごく悩みました。今の自分の状態で周りに受け入れてもらえるのか、もっと実力をつけてからの方がいいのではないかと。でも挑戦しなかったら後悔すると思って挑戦しました。後から後悔するのは嫌なので。尊敬する先輩は防弾少年団さんです。僕たちもああいう音楽スタイルを持ちたいと思います。

ホンイン:僕は子供の頃友達がテレビに出たのを見て、自分も出てみたいと思ったのが最初です。ダンスをやったことで自分もテレビに出ることができたのですが、それからやりたいことがどんどん増えていきました。色んなことができる人になりたいと思いました。僕はもともとダンスだけやってきたので、正直歌は今でも得意ではありません。でも、「少年24」のことを知って、恐いというよりも、やってみようという気持ちの方が大きかったです。尊敬する歌手はビヨンセです。自分の中にある熱い思いを表現する能力が素晴らしいと思うし、僕もそんな風になりたいです。

ロウン:僕は小さい頃からエンタテインメントに関心があり、ギターを長くやっていました。その頃TVでBIGBANG先輩がデビューするのを見ました。僕はバンド音楽が好きでしたが、BIGBANG先輩のヒップホップを見てかっこいいなと思い、それから歌手を目指しました。「少年24」に挑戦しようと思ったのは、内容がとても魅力的だったからです。“公演型アイドル”という、韓国には今までなかったスタイルですよね。それが新鮮に感じましたし、少年24のメンバーになったら、何か新しい道が開けるような気がしました。尊敬する歌手はもちろんBIGBANG先輩、そしてジャスティン・ビーバーです。

―最後に日本のファンの皆さんにメッセージをお願いいたします。

ロウン:昨日は僕たちが一生懸命準備したステージを日本で披露することができましたし、歓声をおくってくれるファンの皆さんの姿を見て、今後の日本の活動により意欲が湧きました。今後もっとたくさん日本のファンの皆さんに会いに来れたらいいなと思います。これから一生懸命活動しますので応援してください!

メンバー一同:日本の皆さん大好き〜!!

撮影:朝岡英輔、一部通訳:渡辺奈緒子

初来日!韓国初の“劇場公演型アイドル”少年24の魅力に迫る…Vol.2 ―UNIT YELLOW ジンソク、ソンファン、ヨンテ、ジェミン

■関連サイト
少年24 JAPAN OFFICIAL FANCLUB:http://fan.pia.jp/boys24/
オフィシャルTwitter:https://twitter.com/boys24_jp