FCソウルの元日本代表MF高萩洋次郎、FC東京に完全移籍加入…3年ぶりのJリーグ復帰

写真拡大

▽FC東京は25日、FCソウルから元日本代表MF高萩洋次郎(30)を完全移籍で獲得したことを正式発表した。背番号は8番に決定している。

▽福島県出身の高萩は、広島ユース所属時の2003年に2種登録選手としてトップチーム入りを果たすと、同年11月にクラブ史上初の現役高校生としてプロ契約。その後、2015年にウェスタン・シドニー・ワンダラーズ移籍を経て、2016年からFCソウルに活躍の場を移した。また、2013年7月には東アジアカップに臨む日本代表に初選出。これまで2試合のキャップ数を記録している。

▽自身3年ぶりのJリーグ復帰となる高萩は、加入先であるFC東京の公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「このたびFCソウルから加入しました郄萩洋次郎です。FC東京の一員になることができて、嬉しく思っています。FC東京がタイトルを獲れるように全力でプレーしたいと思います。ファン・サポーターのみなさん、応援よろしくお願いします」