【詳細】他の写真はこちら

2つのボトルのセッションも聞いてみたい!

飲み終わったボトルって、なんとも趣深いですよね。窓際にインテリアとしておいてみたり、花瓶にしてみたりといろいろな用途で使えます。でも、こんなのは正直初めて。ボトルの上において鳴らせるスピーカー『Cork speaker(コルクスピーカー)』の登場です。



『Cork speaker』は空のボトルの上にちょんっと置いて利用します。すると、ボトルがスピーカーに早変わり! 温かみのある音を奏でてくれるんです。この角の取れたやさしい音は、店舗やリビングでの利用にもぴったりですね。

また、音の深みやボリュームは、ボトルの形状によって変化する仕組み。自分のお気に入りの音を奏でてくれるボトルを探すのも楽しそうです。仲間との昼下がりのランチで、空いたボトルにポン。『Cork speaker』が音楽を奏でれば、新しい会話が始まりそうです。



『Cork speaker』は、Bluetoothに対応しているので、スマートフォンを接続して簡単に音楽を鳴らせます。スマートフォンではなくPCを接続して映画を楽しむ、なんていうのも雰囲気が出て面白そうですね。



▲さまざまな形のボトルに装着できるよう、2種類のシリコンクレードルが付属するのもポイントです。左のプラグタイプは大きい口のボトルに、右のマウントタイプは小さい口のボトルにフィットする形状となっています。



『Cork speaker』は、本体色がゴーストホワイト/スモーキーブラック/フォグシルバー/ワインレッドの4色。現在クラウドファンディングサービスのMakuakeにてキャンペーンが開始されており、1つ5560円で予約を受付中。製品の出荷予定時期は2017年の4月中です。

日常の思わぬ場面が音楽シーンになる『Cork speaker』、おしゃれな部屋や事務所づくりには大注目の逸品ですね!

文/塚本直樹

関連サイト



Makuake(『Cork Speaker』プロジェクトサイト)

関連記事



音響特性に優れたマグネシウム製!電源の要らないスマホ向けスピーカー

ド迫力! ランボルギーニのロゴが輝くスピーカーシステム『ESAVOX』が吼えるぜ

350ml缶の約半分! Ankerの超小型新スピーカー『SoundCore mini』