パナソニック株式会社は、デジタル一眼カメラLUMIX Gシリーズで採用しているマイクロフォーサーズシステム規格に準拠した交換レンズ「H-FSA45200」「H-FSA100300」を2017年2月23日、「H-HSA12035」「H-HSA35100」を2017年3月10日に発売する。

同レンズは、同社のレンズ「H-FS045200」「H-FS100300」「H-HS12035」「H-HS35100」をデジタル一眼カメラLUMIX Gシリーズのスペック進化に合わせリニューアルとなる。LUMIX G8より搭載したボディ/レンズ両方の手ブレ補正を最適に制御するDual I.S. 2に対応し、動画撮影時の性能も向上。外装もより高品位なデザインに仕上げたという。絞り形式は7枚羽根円形虹彩絞り。

ボディ/レンズ両方の手ブレ補正を最適に制御するDual I.S. 2に対応。暗所でのフラッシュなしの撮影や、望遠時の手持ち撮影が可能。また、240fps駆動のコントラストAFにも対応。動画撮影時のAFトラッキング性能や露出制御性能も向上している。H-FSA45200とH-FSA100300は新たに防塵・防滴仕様となっており、H-HSA12035とH-HSA35100は従来機から引き続き防塵・防滴仕様だが、今回新たにマイナス10℃の耐低温性能にも対応している。

■主な仕様
H-FSA45200H-FSA100300H-HSA12035H-HSA35100
希望小売価格56,000円(税抜)82,000円(税抜)119,000円(税抜)140,000円(税抜)
発売日2月23日3月10日
レンズ構成13群16枚
(EDレンズ3枚)
12群17枚
(EDレンズ1枚)
9群14枚
(非球面レンズ4枚、
UEDレンズ1枚、
UHRレンズ1枚
13群18枚
(EDレンズ2枚、
UEDレンズ1枚)
焦点距離45-200mm
(35mm判換算90-400mm)
100-300mm
(35mm判換算200-600mm)
12-35mm
(35mm判換算24-70mm)
35-100mm
(35mm判換算70-200mm)
開放絞りF4.0(ワイド端)〜 5.6(テレ端)F2.8
最小絞りF22
撮影距離範囲1m〜∞
(撮像面より)
1.5m〜∞
(撮像面より)
0.25m〜∞
(撮像面より)
0.85m〜∞
(撮像面より)
フィルター径52mm67mm58mm
最大撮影倍率0.19倍
(35mm判換算:0.38倍)
0.21倍
(35mm判換算:0.42倍)
0.17倍
(35mm判換算:0.34倍)
0.1倍
(35mm判換算:0.2倍)
最大径×長さφ70.0mm×
約100.0mm
φ73.6mm×
約126mm
φ67.6mm×
約73.8mm
φ67.4mm×
約99.9mm
質量約370g約520g約305g約357g
※レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップを含まず