入社式、入学式、異動、転勤が多い4月は出会いの季節。初対面の場面も増えることから、初日からしばらくは第一印象を意識して臨みたいところです。まだまだ先〜、なんて思っているとあっというあいだに季節は巡ってしまいます。初対面で受けたその人の印象は、その後お付き合いをするあいだずっと影響してくるものなので、最初が肝心。すぐに身につくものでもないので、今からしっかり準備をしておきましょう。
さて、それではさっそく、第一印象で大切なパーツはどこだかわかりますか? 一般的に「目元」と言われることが多いのですが、それは目が、人が相手と話すとき初めに見るパーツだからです。しかし全体的にパッとみたとき、一番大切な場所は……目ではなく「口元」なんです。

お手本は女性アナウンサー!

女性アナウンサーの好感度が高い理由のひとつに口角が常に上がっていることがあげられます。女性アナウンサーを観察していると、常に口角があがっており、嬉しいニュースでの笑顔はもちろん、暗いニュースの時でも必ず口角を意識した話し方をしていますし、そのニュースを読み終えたあとはすぐにいつもの笑顔に戻ります。
口角があがっているだけで自然と声のトーンも明るくなり、笑顔になれます。第一印象で大切なのが「口角があがっている口元」です。いくら美人でもムスッとしていたら近寄りがたい印象を受け、話しかけたいけど話しかけられないというような出会いやチャンスをいくつも逃すことになります。口角があがっているだけでイキイキしているように見えるほか、親近感がわき、話しかけやすくなり、出会いやチャンスが広がります。
春までに好きな女性アナウンサーを見つけ、観察しながら笑顔を真似してみましょう。

口紅選びのワンポイント

血色のよい口紅選びをしましょう。はやりの赤や濃いピンク色の口紅やラメが入ったキラキラのグロスもかわいさとしてはバッチリですが、第一印象で清楚、上品さを大切にされるなら、実際の自分の唇の色をほんのり明るくさせる春らしい優しいオレンジやピンクがおすすめです。会社や取引先などの場所ではグロスは控え、その代わりほんのりラメやパールが入った口紅を選ぶといいですね。アラサーの方で口角が下がってきて唇がはっきりしないという方はペンシルライナーで縁取りをしてから口元メイクをするのがいいでしょう。上唇の山、口角を際立たせることで美しい口元が仕上がります。

どんな場面でももっとも大切なのは笑顔です。口角をあげて過ごすことを意識して過ごしていると、第一印象がよくなるだけでなく、以前から知っている人たちからも話しかけてもらえることが増えたり、お誘いが増えるなど嬉しいできごとも増えていきますよ。まずは、春までに時間があるので少しずつ意識をとり入れて過ごしてみてはいかがでしょうか。