写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バッファローは25日、PC用ゲーミングデバイス「SAVIOR」シリーズのゲーミングキーボード「SAVIOR G:300」(BSKBCG300BK)を発表した。2月上旬に発売する。価格は税別5,300円。

ゲーミング用途に特化した有線接続のキーボード。斜めからの押下でも揺らぎにくいプランジャー機構により、軽快なキータッチ感を味わえるという。プランジャーは耐摩耗性、摺動性に優れた樹脂素材POM(ポリアセタール)を使用しており、約1,000万回の押下に耐えられる仕様。

対応エリア内のキーであれば、4キー以上の同時認識が可能な「ANTI GHOSTING 24」機能に対応。Windowsキーとアプリケーションキーを無効にする「Win Lock Mode」も搭載し、ゲームプレイ時の誤操作を防止する。PS/2接続時には「Win Lock Mode」でのキーのリピート速度を50回/秒 / 120回/秒で切り替え可能。

2段階で高さ調整が可能なチルトスタンドを装備し、インタフェースはUSBとPS2(変換アダプタ使用)、ケーブル長は約1.8m。キー入力方式はメンブレン式で、キー数は日本語109、キーピッチは19mm、キーストロークは4mm。本体サイズはW441×D27.4×H136mm、重量は約730g。対応OSはWindows 7 / 8.1 / 10。

(リアクション)