北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は25日、米国のオバマ前大統領の退任を受けた個人の署名入り論評を掲載し、「時間を巡るわれわれとの対決で、米国は絶対に勝てない」などと論じた。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「もちろん、米軍部はわが共和国を短時間内に奇襲的に核先制打撃して焦土化する各種の戦争計画を持っている」としながら、たとえそれがどれほど迅速に行われようとも、その間に、核兵器を用いた徹底的な報復を行うことを示唆している。

さらに、「流れた時間は、逆戻りさせることはできない」として、米朝関係が北朝鮮の核武装以前のパワーバランスに戻る可能性はないことを強調。トランプ新政権に対し、「米国は今からでも、大胆に対朝鮮敵視政策を撤回する勇断を下さなければならない」とのメッセージを送っている。