Apple Watch、watchOS 3.2に「シアターモード」搭載。動作は「振動通知オンのおやすみモード」

写真拡大

 

アップルは、次期Apple Watch向けOS「watchOS 3.2」に「シアターモード」を追加します。

設定するとサウンドがミュート状態になり、「手前に傾けてスリープ解除」もオフとなるため、コンサートなどで手を上げても不要な音を出したり周囲の目障りになることがなくなります。一方で、振動による通知などは有効の状態を保持するため、何らかの通知があった場合はあまりに激しく腕を振り回したり拍手をしていたりしなければ気づくことができるはずです。

Apple Watchユーザーならすでにピンときているかもしれませんが、要するにシアターモードは、振動通知だけが生きているおやすみモードといっても良いかもしれません。また、画面をタップするかクラウンを押し込めば、画面表示はすぐに復帰するとのこと。

なお、開発者視点でいえばwatchOS 3.2でSiriKitが利用可能となった点も大きな変更かもしれません。SiriKitはウォッチアプリやサービスでSiriを扱うためのもの。SiriKitが使えるのはメッセージング、支払い、配車呼び出し、ワークアウト、通話、写真検索という6つのシチュエーションと定められていますが、これだけあればポケットやバッグからiPhoneを取り出す機会もかなり減るかもしれません。

watchOS 3.2のリリース時期はまだはっきりとはしていませんが、願わくばwatchOS 3.1.1のときのように応答しなくなる不具合だけは避けてほしいものです。