LOCO&サム・キム、コラボ曲「Think About′ Chu」音源チャート1位を獲得…一風変わったMVにも注目

写真拡大

歌手サム・キムとラッパーLOCOの思い出のオルゴールがついに開いた。

25日0時に公開されたサム・キムとLOCOの「Think About' Chu」の音源が、25日午前0時公開後の午前10時基準、Mnet、Olleh Music、bugs、genieの4つの音源サイトでリアルタイムチャート1位を記録した。この他にも様々な音源チャートで最上位圏を占領し、好評を得ている。

音源と共に公開されたミュージックビデオも反応が熱い。Cyworld(韓国のSNS) ミニホームページのミニルームをモチーフにした可愛らしい感じのミュージックビデオは、当時BGMとしてたくさん愛された「Think About' Chu」が流れ、その時代の思い出と感性がたくさん盛り込まれている。

また、ミニルーム画面のような効果を与えマウスを利用して小物を動かすなど、実際にミニルームを飾るような感覚を与え、さらに多くの共感を引き出し爆発的な反響を得ている。

サム・キムとLOCOの「Think About' Chu」は、バンドAsoto Unionの名曲をリメイクしたもので、サム・キム特有のソウル感溢れるボーカルに、原曲にはなかったLOCOのロマンチックなラップまで加わって感性的な魅力の曲として再誕生した。

「BGMプロジェクト(BOYS GIRLS MUSIC プロジェクト)」は、ミニホームページのバックミュージックとしてたくさん愛された「その頃、私たちが好きだった歌」をリメイクするプロジェクトで、レーベル「12時」が企画および推進している。

最初の走者に出たサム・キムとLOCOの後を継ぐ2番目のプロジェクトもすでに作業は進行中で、今回はどのような思い出の名曲を取り出して見せるのか既に多大な期待を集めている。

サム・キムとLOCOの「Think About' Chu」の音源とミュージックビデオは、韓国の各種音源サイトを通じて確認できる。