WINNER カン・スンユン、ストレス性胃炎で入院

写真拡大

WINNERのカン・スンユンが、SBS「コンノリペ」の撮影中に胃炎の症状により病院へ向かった。

SBSの関係者は本日(25日) 午後、マイデイリーとの電話インタビューで「カン・スンユンが23日の撮影中に腹痛をうったえて病院に行った」として、「点滴を打った後戻ってこようとしたが、1泊2日で企画された撮影で、健康が優先なため、無理してまで撮影に臨まなくても良いと考え、その後の撮影に合流しなかった」と明らかにした。

引き続き「カン・スンユンを除いたメンバーが撮影を進めて、24日午前に終わった」として、「カン・スンユンは病院にもう少しいた後で、現在退院の手続きを踏んでいる。特に問題があるということではないという。ストレス性胃炎だった」と話した。

また「幸い重病ではない。次の撮影は2週間後に進められる。撮影にはそのまま参加する」とつけ加えた。

カン・スンユンは「コンノリペ」のレギュラーメンバーとして活躍している。

・“ストレス性胃炎”WINNER カン・スンユン、間もなく退院…番組側「電話で『大丈夫だ』と言っていた」