「被告人」少女時代 ユリ、熱血弁護士として登場

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「被告人」に少女時代のユリが熱血弁護人として登場した。

韓国で24日に放送されたSBS月火ドラマ「被告人」第2話では、ソ・ウネ(ユリ) が裁判に参加する姿が描かれた。

この日「被告人」でソ・ウネは、最善を尽くして裁判に取り組んだ。これについて裁判官はソ・ウネを呼び「いつ終わるのか。早く終わらせよう。証人尋問だけで3時間だ」とし、「こんなに簡単な事件に証人が16人だ。裁判官生活でこんなことは初めてだ」と話した。これについてソ・ウネは「簡単だろうが、複雑だろうが、しっかりやらないと。終わらせない」と歯向かった。

「被告人」は娘と妻を殺した殺人犯の濡れ衣を着せられ、死刑囚になった検事パク・ジョンウ(チソン) が失った4ヶ月間の時間を思い出すために繰り広げる闘争の記録で、悪人チャ・ミンホ(オム・ギジュン) を相手に繰り広げる復讐のストーリーだ。韓国で毎週月、火曜日の午後10時から放送されている。