米国の研究員はこのほど、現代標準中国語・普通話を話す子供は音楽が得意である傾向があることを発見した。資料写真。

写真拡大

米国の研究員はこのほど、現代標準中国語・普通話を話す子供は音楽が得意である傾向があることを発見した。研究結果は米国の科学雑誌の最新号に掲載された。新華社が伝えた。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者は、中国語を話す子供と英語を話す子供180人を対象に、音質と音程のテストを行った。すると、音質の能力は同等だったものの、音程の面では、普通話を話す子供の方が英語を話す子供より能力が明らかに優れていた。

米科学系情報サイト「Science Daily」が18日付で伝えた研究者の分析によると、「普通話は声調言語に属し、同じ言語音でも、声調の長さや高さの違いで、意味も異なる。普通話を話す子供は言語の声調を聞き分けることができ、音の高さの微妙な変化を識別することに長けている。言語も音楽も音の高さの変化があり、音の高さの変化を聞き分ける必要のある中国語を話す子供は、音楽の音の高さを感知する点で優位性を誇る」。

声調言語の多くは東アジアや南米、アフリカの一部に分布し、タイ語、ヨルバ語、コサ語などがそれに属する。

ただ、研究者は「普通話を話す子供みんながピアニストになれる訳ではない」と付け加えている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)