イザベル・ユペール主演『ELLE』、今夏日本公開へ (c) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS- TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINÉMA - ENTRE CHIEN ET LOUP

写真拡大

『氷の微笑』(92)のポール・ヴァーホーヴェン監督が、フランスの至宝イザベル・ユペールを主演に迎えて放つ究極のエロティックサスペンス『ELLE』(原題、今夏日本公開予定)。第89回アカデミー賞でイザベル・ユペールが、主演女優賞にノミネートされた。

フランスが誇る大女優イザベル・ユペールは、今回がアカデミー賞初ノミネート。本ノミネートを始め、先だって発表されたゴールデン・グローブ賞では主演女優賞(ドラマ部門)と外国語映画賞でのW受賞を果たし、他にも以下賞レースで続々受賞の快進撃を続けている。

本作はカンヌ国際映画祭での上映時も、その衝撃的な内容が話題を呼びながらも絶賛され、話題となっている。

■『ELLE』(原題)
配給:ギャガ
夏、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
(c) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS- TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINÉMA - ENTRE CHIEN ET LOUP