第89回アカデミー賞にノミネートされたライアン・ゴズリング、ナタリー・ポートマン、メル・ギブソン (c)Imagecollect.

写真拡大

第89回アカデミー賞のノミネーションが現地時間24日に発表され、スターたちが喜びのコメントをした。

今回、最多14候補に上がったミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』(2月24日日本公開)で主演男優賞にノミネートされたライアン・ゴズリングは「ラ・ラ・ランドで僕の仕事を認めてくださり、アカデミーにとても感謝しています。真のコラボレーションだったので、この映画での皆の素晴らしい仕事が認めて頂けたことで、さらにスペシャルだと感じます」とコメント。さらに『ラ・ラ・ランド』で主演女優賞にノミネートされたエマ・ストーンは「なんて朝でしょう。この名誉にとても感謝し、ラ・ラ・ランドの家族とこの気持ちを共有することができてすごくハッピーです。人生の最も素晴らしいことは人々とつながることで、この映画で幸運にも仕事をすることができたとても才能のある、優しくて、情熱的な人々が大好きです」と表明し、一緒に祝福するのがたのしみだと明かした。

さらに映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(3月31日日本公開)で主演女優賞にノミネートされたナタリー・ポートマンは「『ジャッキー』でアカデミーから認めて頂けたことにとても光栄に感じています」「この瞬間を監督のパブロ・ララインとこの映画のために一生懸命に働いたキャストとクルーと共有できること以上に幸せはありません」と話し、主演女優賞のほかのノミネート者と自身の演じたジャクリーン・ケネディさんを称賛。『Fences』(原題、日本公開未定)で助演女優賞にノミネートされたヴィオラ・デイヴィスは「この素晴らしくて、大切な映画、そして私の仕事を認めてくださって、アカデミーに感謝しています。指揮をしてくれて、ありがとう、デンゼル(・ワシントン)」とコメントした。

また、『ハクソー・リッジ』(原題、2017年夏公開)で監督賞にノミネートされ、先日9人目の子供が誕生したばかりのメル・ギブソンは「生まれたばかりの息子を抱きながらノミネーションの発表を聞くこと以上にたのしいことはあるでしょうか! これは本当に素晴らしい名誉です」と明かし、主演男優賞にノミネートされたアンドリュー・ガーフィールドや映画のチームに対して喜びの言葉を述べている。

さらに『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(公開中)で主演女優賞にノミネートされ、20個目のアカデミー賞のノミネートを獲得したメリル・ストリープは自身がダンスをするGIFを送っている。

世界中が注目するアカデミー賞の受賞式は現地時間2月26日に行われる予定。誰がオスカー像を手にするだろうか。